666-830x4475-830x447

水素水は『1日あたり1L』の飲用が理想的!

水素水は『1日あたりどのくらいの量を摂取したほうが良い』という明確な基準がまだありません。個人の体質により1日あたり300mℓ~500mℓの摂取量で効果を実感される方もいるようですが、病気の改善・健康維持・疲労回復が目的の場合、1日あたり1ℓ以上飲むことをオススメします。

1日1ℓ以上の摂取をオススメする理由

当サイトでは、水素分子を全身の細胞隅々まで浸透させるためにもなるべく日にちの間隔は空けず毎日、数回に分け最低でも1ℓ以上は摂取したほうがいいと考えています。名古屋大学の大野教授の研究では、水素水を毎日継続して摂取した場合と日にちの間隔を開けて摂取した場合とでは、約17%も効果の違いがあったと発表しています。

活性酸素は絶えず体内で発生し続けている!

活性酸素は絶えず体内で発生し続けているため、1日に適量を数回に分けて飲用することで体外へ排出される活性酸素量を増やすことができるでしょう。

少量の水素水を摂取しても、『水素のチカラ』は発揮されない!

発表されている内容だと水素水を体内に取り入れた後の消費状況は、摂取した内の約40%の水素しか還元(水となり尿や汗として排出)されず残りの60%は呼気から出ていくという実験報告があります。そのため、ある程度の摂取量がないと『水素の効果』を実感することは難しいと考えられます。

1日あたり約1ℓの飲用を継続することで病気の改善が確認されている!

アメリカのピッツバーグ大学の研究チームが行ったラット実験で、200gから250gのラットに対して毎日3mℓの水素水を飲用させたところ腎臓の機能低下を抑制したことを 確認。これを人間に換算した場合、体重が50kgの人は700mℓ、体重70kgの人は1ℓの飲用となります。

日本国内の大学や医療機関で行われた人間を対象とした糖尿病やパーキンソン病の臨床実験データでは、1日約1ℓの飲用で病気の改善効果を確認。糖尿病の臨床実験では、1日あたり900mℓ(300mℓ×3回)の飲用を8週間継続した結果、改善効果を確認。

日常生活疲労に関しては、1日あたり1ℓ以下の摂取量でも改善効果が確認されています。1日あたり約600mℓの消費量で抗疲労効果(メンタルヘルスの改善、睡眠の質の改善、交感神経活動の抑制など)を確認。

人間は1日あたり1ℓ~1.5ℓ以上の水分摂取量が必要!

人間は1日あたり約2.5ℓの水分を体外へ排出していることを考慮すると、最低でも1ℓ~1.5ℓ以上(コップ1杯250mℓを4~7杯)の飲用が必要と考えられています。(食事から摂れる水分が約1ℓ。エネルギー合成の途中で得れる代謝水が約0.3ℓ。1日あたり合計約1.3ℓは水分補給以外で摂取できている)厚生労働省が発表している1日あたりの水の適正飲用量は1.5ℓ~2ℓ。
また1日あたり最低1ℓ以上の水分を摂り続けないと、『慢性脱水症』になる可能性が高くなります。

水素水はどのようなタイミングで飲むと効果的なの?

体が水分を欲しがっている時に、飲むことをオススメします。

これは通常のお水でも同じですが、喉の渇きを感じる時は体が水を浴している時なので体内が水分不足にならないよう飲用して下さい。 体内の水分不足が原因で肌荒れ、偏頭痛、便秘などの症状にも繋がります。水素水を飲むと10分~20分かけて水素分子が体(細胞へ)に吸収されるので、水素の効果を最大限に発揮させたい前に飲用するのもオススメします。

こんな時に飲用をオススメ

●疲労回復やダイエットが目的の場合 ⇒ 運動前後に飲用
●二日酔いを防止したい場合 ⇒ 飲酒の直後に飲用

こんな時は、水素水の飲用を控えたほうがいいかも・・・

水素水を飲用すると、トイレに行く回数が増えるという方が多いです。これは尿の排泄を調整する腎臓の機能が高まるためと考えられています。そのため長時間のドライブ前など、なかなかトイレに行けない状況になる場合は飲用を控えたほうがいいかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/plotworks/suisosui-meister.com/public_html/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 399
飲用直前の水素濃度はどのくらい?
アクリファイ

ピックアップ記事

  1. 携帯用水素水生成器
  2. 『水素で治療、効果いかに』 2016年4月9日 毎日新聞
  3. 購入を考えている商品の水素濃度は本当!?
  4. 水素水を飲みすぎると『下痢』になる
  5. 20160511-21557
PAGE TOP