2221

海洋深層水って体にいいの?

海洋深層水って体にいいの?

深海の深い場所からくみ上げた『海洋深層水』が体に良いと注目され大手飲料メーカーからも販売されています。

海洋深層水とは何?

海洋深層水とは、深さ200メートル以上の海水のことを指します。 (場所により違いはありますが、太陽の光が届かいないぐらいの深さの場所の海水) 太陽の光が届く表面近くの海水は『海洋表層水』と呼ばれています。 海洋深層水の特徴として、水温が1年間通して低温かつ一定で、太陽の光が届かないために海藻や植物プランクトンの光合成が行われず、植物の肥料分となるちっ素やリン、ケイ酸などの無機栄養塩がそのまま残ってります。また環境汚染の影響を受けることも少ないので、大腸菌などの細菌や化学物質に汚染されにくくきれいな海水を維持しています。

アトピー性皮膚炎の治療に効果的?

アトピー性皮膚炎の治療に効果があるという可能性があり、治療に海洋深層水を取り入れるための研究が進んでいます。今のところ症状改善効果が見られる場合もあるが、逆に悪化する場合もある結果で確認されています。今後の研究結果が期待されます。

海洋深層水は特別な水なの?

海洋深層水というとミネラルが豊富に含まれていて、何か特別な性質を持った水というイメージをお持ちの方は多いかもしれません。これは大手飲料メーカーが商品の宣伝の際に、ミネラルが豊富と訴求していることと関係していると思われます。 そもそも海洋深層水自体は海水なのでそのまま飲用することはできません。 海洋深層水の名称で販売している飲料水は衛生面の質を高めるためにRO逆浸透膜で脱塩(ミネラルや栄養分を除去)して純水にしています。これは海水を淡水化する際に行う技術です。 水道水も深層海洋水も同じで脱塩すれば純水(ピュアウォーター)になります。純水のままでは深層海洋水として販売できないので、少量の海洋深層水もしくは脱塩でできる濃縮された海水を純水に添加して飲料水を作ります。(※販売メーカーによりミネラル分量などに違いあり)

原料が海洋深層水なだけ?

上記の理由から海洋深層水と販売されている飲料水は海洋深層水を原料にして、純水に少量の海洋深層水を入れてあるのと同じことが分かります。また含まれているミネラルも少量の商品が多いので日常生活の中で野菜、肉、魚を摂取する食事をしていれば海洋深層水が少量含まれている水を飲んでミネラル補給をする意味はほとんどないといって言いでしょう。 『ミネラル不足の方へ』といったキャッチコピーでよく商品を宣伝していますが、ミネラル補給を真剣に考えるのであれば飲み物ではなく食事面から見直すことのほうが体にとっても良い面が多いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飲用直前の水素濃度はどのくらい?
アクリファイ

ピックアップ記事

  1. 携帯用水素水生成器
  2. 『水素で治療、効果いかに』 2016年4月9日 毎日新聞
  3. 購入を考えている商品の水素濃度は本当!?
  4. 水素水を飲みすぎると『下痢』になる
  5. 20160511-21557
PAGE TOP