『パーキンソン病』の予防に関する論文

『紫外線への効果/シワの改善』に関する論文

学術雑誌名:Anesthesiology. 2013 Jan;118(1):105-13. doi: 10.1097/ALN.0b013e318275146d.

水素水が紫外線に対してどのような効果を与えるのか?
水素水風呂への入浴は、シワの改善効果につながるのか?を調査した論文です。
※日本語訳はページ下部に記載しています。

Hydrogen-rich electrolyzed warm water represses wrinkle formation against UVA ray together with type-I collagen production and oxidative-stress diminishment in fibroblasts and cell-injury prevention in keratinocytes.

Laboratory of Cell-Death Control BioTechnology, Faculty of Life and Environmental Sciences, Prefectural University of Hiroshima, Nanatsuka 562, Shobara, Hiroshima 727-0023, Japan.

■Abstract
Hydrogen-rich electrolyzed warm water (HW) was prepared at 41°C and exhibited dissolved hydrogen (DH) of 1.13 ppm and an oxidation-reduction potential (ORP) of -741 mV in contrast to below 0.01 ppm and+184 mV for regular warm water (RW). Fibroblasts OUMS-36 and keratinocytes HaCaT were used to examine effects of HW against UVA-ray irradiation.

Type-I collagen was synthesized 1.85- to 2.03-fold more abundantly by HW application for 3-5 days than RW in OUMS-36 fibroblasts, and localized preferentially around the nuclei as shown by immunostain. HW application significantly prevented cell death and DNA damages such as nuclear condensation and fragmentation in UVA-irradiated HaCaT keratinocytes as estimated by WST-1 and Hoechst 33342 assays. HW significantly suppressed UVA-induced generation of intracellular superoxide anion radicals in both the cell lines according to NBT assay.

Wrinkle repression was clinically assessed using a HW-bathing. Six Japanese subjects were enrolled in a trial of HW-bathing (DH, 0.2-0.4 ppm) every day for 3 months. HW-bathing significantly improved wrinkle in four subjects on the back of neck on 90th day as compared to 0 day. Thus, HW may serve as daily skin care to repress UVA-induced skin damages by ROS-scavenging and promotion of type-I collagen synthesis in dermis.
引用:J Photochem Photobiol B. 2012 Jan 5;106:24-33. doi: 10.1016/j.jphotobiol.2011.09.006. Epub 2011 Oct 20.

日本語要約

電気分解で生成された温水の水素水は、酸化ストレスの軽減とともにケラチノサイト生成細胞の障害抑制、I型コラーゲン産生の減少、紫外線(UVA光線)によるシワの形成を抑制します。

県立広島大学

■要約
電気分解で生成された温水(41℃)の水素水(水素濃度:1.13ppm/酸化還元電位:-741mV)と、普通の温水(水素濃度:0.01ppm以下/酸化還元電位:+184mv)を用意し、OUMS-36線維芽細胞(ヒト線維芽細胞)、ケラチン生成細胞HaCaのUVA線照射に対しての水素水の影響や効果を調査。

水素水はI型コラーゲンの合成を通常の1.85~2.03倍増加させ、核の周辺で優先的に分布、ケラチノサイト生成細胞の断裂や核の圧縮により発生する細胞死やDNA損傷を防止する働きがあることを確認できた。また細胞内で活性酸素(スーパーオキシドアニオンラジカル)の誘発を抑える効果があることも分かった。

その他、水素水風呂への入浴を行うことでシワに対してどのような効果があるかを調査。調査内容は、6人の被験者に対して水素濃度が0.2ppm~0.4ppmの水素水風呂に90日(3ヵ月間)入浴を実施。結果、6人中4人が首の後ろなどのシワの改善効果を確認することができた。これらの結果、水素水はI型コラーゲンの合成の促進により紫外線による皮膚障害や活性酸素の誘発を抑制し、毎日のスキンケアに効果を発揮する可能性を示唆している。

I型コラーゲン

約30種類以上あるコラーゲンの中の一つで、皮膚の90%以上の割合を占めているのがこのI型コラーゲン。美白・美肌へ効果を発揮するとともに骨の中に多く含まれており、加齢などが原因でこのコラーゲンが少なくなると骨粗鬆症につながる場合もあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飲用直前の水素濃度はどのくらい?
アクリファイ

ピックアップ記事

  1. 携帯用水素水生成器
  2. 『水素で治療、効果いかに』 2016年4月9日 毎日新聞
  3. 購入を考えている商品の水素濃度は本当!?
  4. 水素水を飲みすぎると『下痢』になる
  5. 20160511-21557
PAGE TOP