『パーキンソン病』の予防に関する論文

人間の『精子』への効果に関する論文

学術雑誌名:Med Gas Res. 2015 Jan 10;5(1):2. doi: 10.1186/s13618-014-0023-x. eCollection 2015.

水素は精子の低い運動性を刺激することが可能であり、男性不妊治療のツールとして期待ができると示唆した論文です。
※日本語訳はページ下部に記載しています。

Stimulation of human damaged sperm motility with hydrogen molecule.

Biological Process of Aging, Tokyo Metropolitan Institute of Gerontology, 35-2 Sakae-cho, Itabashi-ku, Tokyo, 173-0015 Japan ; Reproductive Medicine Research Center, Yamashita Shonan Yume Clinic, 1-2-10 Kugenumaishigami, Fujisawa, 251-0025 Japan.

■Abstract
BACKGROUND
Sperm motility is a critical factor in male fertility. Low motility can be caused by a variety factors including abnormal spermatogenesis, oxidative damage, or depletion of intracellular ATP. Recent findings indicate that hydrogen molecule (H2) selectively reduces toxic reactive oxygen species. In this study, we investigated the effects of H2 on human sperm motility in vitro.

METHODS
Experimentally damaged sperm suspensions from patients left at room temperature for > 5 days or frozen immediately after ejaculation were used. After exposure with H2, their forward motility was measured with a counting chamber. A time-lapse movie was recorded to analyze sperm swimming speed. Mitochondria were stained with a membrane potential-sensitive dye.

RESULTS
H2 treatment significantly improved the rate of forward motility, whereas treatment with nitrogen gas did not. While treatment for 30 min was sufficient to improve motility, it did not affect sperm swimming speed. After 24 h, retreatment with H2 increased the motility again. H2 treatment also increased mitochondrial membrane potential. Forward motility of low motile frozen-thawed sperm from patients significantly improved with cleavage medium containing H2.

CONCLUSIONS
Our results illustrated that H2 treatment stimulates low sperm motility. H2 is a new promising tool for male infertility treatments.
引用:Med Gas Res. 2015 Jan 10;5(1):2. doi: 10.1186/s13618-014-0023-x. eCollection 2015.

日本語要約

水素分子は人間の破損した精子の運動性を刺激する

東京都健康長寿医療センター研究所

■抽象
背景
男性の生殖能力において精子の運動性はとても大切な要因。運動性が低いと異常な精子形成、酸化損傷、細胞内のATPの減少など様々な要因を引き起こす場合もある。最近の調査で水素分子が活性酸素を選択的に除去することが判明しており、本研究では試験間内で水素が人間の精子の運動性に与える影響について調査した。

方法
凍結後、実験的に損傷を受けた精子懸濁液を使用して5日間、室温の環境下で放置。水素で露光後、計数チャンバーを用いて運動性を測定。精子の遊泳速度は分析は、タイムラプスムービーで記録した。

結果
精子の運動性は、窒素ガスによる処理では影響を確認できなかったが、水素処理は運動性の大幅な向上をさせた。30分間の水素処理は運動性の向上に十分な時間であったが、遊泳速度には影響を与えなかった。24時間後の水素処理は再度、運動性を向上させミトコンドリア膜電位も増加。提供された低い運動性の凍結融解精子は、水素を含む切断媒体で大幅に運動性が改善されたことを確認した。

結論
水素分子を使用した処理は、精子の低い運動性を刺激することを示した。これらのことから水素は、男性不妊治療のための新しいツールとして期待できる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飲用直前の水素濃度はどのくらい?
アクリファイ

ピックアップ記事

  1. 携帯用水素水生成器
  2. 『水素で治療、効果いかに』 2016年4月9日 毎日新聞
  3. 購入を考えている商品の水素濃度は本当!?
  4. 水素水を飲みすぎると『下痢』になる
  5. 20160511-21557
PAGE TOP