『パーキンソン病』の予防に関する論文

『リウマチ』の改善に関する論文

学術雑誌名:Med Gas Res. 2012 Oct 2;2(1):27.

『リウマチ』の改善に水素が効果的と確認された論文になります。
※日本語訳はページ下部に記載

Consumption of water containing a high concentration of molecular hydrogen reduces oxidative stress and disease activity in patients with rheumatoid arthritis: an open-label pilot study.
Haradoi Hospital, Department of Rheumatology and Orthopaedic Surgery

■BACKGROUND
Rheumatoid arthritis (RA) is a chronic inflammatory disease characterized by the destruction of bone and cartilage. Although its etiology is unknown, the hydroxyl radical has been suggested to be involved in the pathogenesis of RA. Recently, molecular hydrogen (H2) was demonstrated to be a selective scavenger for the hydroxyl radical. Also, the method to prepare water containing extremely high concentration of H2 has been developed. We hypothesized that H2 in the water could complement conventional therapy by reducing the oxidative stress in RA.

■METHODS
Twenty patients with rheumatoid arthritis (RA) drank 530 ml of water containing 4 to 5 ppm molecular hydrogen (high H2 water) every day for 4 weeks. After a 4-week wash-out period, the patients drank the high H2 water for another 4 weeks. Urinary 8-hydroxydeoxyguanine (8-OHdG) and disease activity (DAS28, using C-reactive protein [CRP] levels) was estimated at the end of each 4-week period.

■RESULTS
Drinking high H2 water seems to raise the concentration of H2 more than the H2 saturated (1.6 ppm) water in vivo. Urinary 8-OHdG was significantly reduced by 14.3% (p < 0.01) on average. DAS28 also decreased from 3.83 to 3.02 (p < 0.01) during the same period. After the wash-out period, both the urinary 8-OHdG and the mean DAS28 decreased, compared to the end of the drinking period. During the second drinking period, the mean DAS28 was reduced from 2.83 to 2.26 (p < 0.01). Urinary 8-OHdG was not further reduced but remained below the baseline value. All the 5 patients with early RA (duration < 12 months) who did not show antibodies against cyclic citrullinated peptides (ACPAs) achieved remission, and 4 of them became symptom-free at the end of the study.CONCLUSIONS,The results suggest that the hydroxyl radical scavenger H2 effectively reduces oxidative stress in patients with this condition. The symptoms of RA were significantly improved with high H2 water. 引用:Med Gas Res. 2012 Oct 2;2(1):27. doi: 10.1186/2045-9912-2-27.

日本語訳

水素水は酸化ストレスおよび慢性関節リウマチを有する患者における疾患活動性を低下させる:非盲検試験
原土井病院(福岡県) リウマチ整形外科

■背景
関節リウマチ(RA)は、骨および軟骨の破壊を特徴とする慢性炎症性疾患です。この症状の病因の詳細は不明であるが、活性酸素(ヒドロキシルラジカル)が関与することが示唆されています。近年、水素分子は、活性酸素(ヒドロキシルラジカル)を選択的に処理することが実証されました。また高濃度の水素水を生成する方法が開発されており水素水は関節リウマチ(RA)における酸化ストレスを減少させることで、従来の治療法を補完することが可能と仮定して研究を行いました。

■方法
20人の関節リウマチ(RA)患者へ4〜5ppmの超高濃度水素水を4週間、毎日530mL飲用してもらった。その後、 何も投与しない期間を4週間与え、さらに4週間、超高濃度水素水を飲用してもらった。尿中8-ヒドロキシ(の8-OHdG)及び疾患活動性のC反応性タンパク質[CRP]は、各4週間の期間の終了時に推定。

■結果
超高濃度水素水を飲用した後、体内での水素濃度は限界飽和量の1.6ppmを超えていました。超高濃度水素水を飲用して始めの4週間後、尿中の8-OHdGを大幅に減少し平均で14.3%でした。DAS28は同じ期間に3.02(P<0.01)に3.83から低下しました。 何も投与しない4週間後、尿中の8-OHdGと平均DAS28の両方が飲用期間の終わりに比べ、減少しました。次の4週間で平均DAS28は2.26(P<0.01)を2.83から減少しました。尿中の8-OHdGはさらに減少したが、基準値以下を維持したままでした。環式シトルリン化ペプチドに対して抗体を示さなかった初期のRA(期間は12ヵ月)は5人の患者が鎮静を達成しそのうち4人は、試験終了時に症状がなくなりました。結論、結果として活性酸素の阻害効果があるスカベンジャー機能の持つ水素水が関節リウマチ(RA)患者の酸化ストレスを減少させ症状を改善させた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飲用直前の水素濃度はどのくらい?
アクリファイ

ピックアップ記事

  1. 携帯用水素水生成器
  2. 『水素で治療、効果いかに』 2016年4月9日 毎日新聞
  3. 購入を考えている商品の水素濃度は本当!?
  4. 水素水を飲みすぎると『下痢』になる
  5. 20160511-21557
PAGE TOP