『パーキンソン病』の予防に関する論文

『パーキンソン病』に関する論文

学術雑誌名:Mov Disord. 2013 Jun;28(6):836-9. doi: 10.1002/mds.25375. Epub 2013 Feb 11.

水素水の飲用でパーキンソン病統一スケール値(パーキンソン病の指標)が改善されることを実証した論文です。
※日本語訳はページ下部に記載しています。

Pilot study of H₂ therapy in Parkinson’s disease: a randomized double-blind placebo-controlled trial.

Department of Neurology, Juntendo University School of Medicine, Tokyo, Japan.

■BACKGROUND
Oxidative stress is involved in the progression of Parkinson’s disease (PD). Recent studies have confirmed that molecular hydrogen (H₂) functions as a highly effective antioxidant in cultured cells and animal models. Drinking H₂-dissolved water (H₂-water) reduced oxidative stress and improved Parkinson’s features in model animals.

■METHODS
n this a placebo-controlled, randomized, double-blind, parallel-group clinical pilot study, the authors assessed the efficacy of H₂ -water in Japanese patients with levodopa-medicated PD. Participants drank 1,000 mL/day of H₂-water or pseudo water for 48 weeks.

■RESULTS
Total Unified Parkinson’s Disease Rating Scale (UPDRS) scores in the H₂-water group (n=9) improved (median, -1.0; mean ± standard deviation, -5.7 ± 8.4), whereas UPDRS scores in the placebo group (n=8) worsened (median, 4.5; mean ± standard deviation, 4.1 ± 9.2). Despite the minimal number of patients and the short duration of the trial, the difference was significant (P<0.05). ■CONCLUSIONS
The results indicated that drinking H₂-water was safe and well tolerated, and a significant improvement in total UPDRS scores for patients in the H₂-water group was demonstrated.
引用:Mov Disord. 2013 Jun;28(6):836-9. doi: 10.1002/mds.25375. Epub 2013 Feb 11.

日本語要約

パーキンソン病に対する水素療法に関する研究

順天堂大学医学部附属順天堂医院

■背景
酸化ストレスは、パーキンソン病の進行の要因の1つとして関係している。近年、培養細胞および動物モデルの研究で水素分子(H2)は非常に有効な抗酸化力があることが確認されている。パーキンソン病を抱えている動物モデルが水素水を飲用することで、酸化ストレスの減少、パーキンソン病の改善した報告もある。

■方法
本研究(無作為化二重盲検プラセボ対照試験)では、レボドパ製剤を服用している日本人のパーキンソン病患者へ水素水の有効性を評価した。対象の患者へは、48週間(1日に1L)の水素水または偽物水を飲用してもらった。

■結果
水素水を摂取した群(N=9)は、パーキンソン病統一スケール値が改善されたが、偽物水を摂取した群((N=8)の数値は悪化していた。短期間、少ない患者数での試験だったが水素水を摂取した群が有意な違いがあることが確認できた。

■結論
結果として、水素水を飲用することでパーキンソン病患者のパーキンソン病統一スケール値が改善し安全で良好な耐容性があると実証された。

パーキンソン病統一スケール(Unified Parkinoson’s Disease Rating Scale)

パーキンソン病を総合的に評価する基準として、多くの医者や研究者に利用されている指標の1つ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飲用直前の水素濃度はどのくらい?
アクリファイ

ピックアップ記事

  1. 携帯用水素水生成器
  2. 『水素で治療、効果いかに』 2016年4月9日 毎日新聞
  3. 購入を考えている商品の水素濃度は本当!?
  4. 水素水を飲みすぎると『下痢』になる
  5. 20160511-21557
PAGE TOP