『パーキンソン病』の予防に関する論文

『パーキンソン病』の予防に関する論文2

学術雑誌名:PLoS One. 2009 Sep 30;4(9):e7247. doi: 10.1371/journal.pone.0007247.

意図的にパーキンソン病を誘発させたマウスへ水素を含んだ水を与えた結果、脳内の酸化ストレスが減少したことを確認した論文です。
※日本語訳はページ下部に記載しています。

Hydrogen in drinking water reduces dopaminergic neuronal loss in the 1-methyl-4-phenyl-1,2,3,6-tetrahydropyridine mouse model of Parkinson’s disease.

Laboratory of Pathophysiology, Graduate School of Pharmaceutical Sciences, Kyushu University, Fukuoka, Japan.

■Abstract
It has been shown that molecular hydrogen (H(2)) acts as a therapeutic antioxidant and suppresses brain injury by buffering the effects of oxidative stress. Chronic oxidative stress causes neurodegenerative diseases such as Parkinson’s disease (PD). Here, we show that drinking H(2)-containing water significantly reduced the loss of dopaminergic neurons in PD model mice using both acute and chronic administration of 1-methyl-4-phenyl-1,2,3,6-tetrahydropyridine (MPTP).

The concentration-dependency of H(2) showed that H(2) as low as 0.08 ppm had almost the same effect as saturated H(2) water (1.5 ppm). MPTP-induced accumulation of cellular 8-oxoguanine (8-oxoG), a marker of DNA damage, and 4-hydroxynonenal (4-HNE), a marker of lipid peroxidation were significantly decreased in the nigro-striatal dopaminergic pathway in mice drinking H(2)-containing water, whereas production of superoxide (O(2)*(-)) detected by intravascular injection of dihydroethidium (DHE) was not reduced significantly. Our results indicated that low concentration of H(2) in drinking water can reduce oxidative stress in the brain.

Thus, drinking H(2)-containing water may be useful in daily life to prevent or minimize the risk of life style-related oxidative stress and neurodegeneration.

引用:PLoS One. 2009 Sep 30;4(9):e7247. doi: 10.1371/journal.pone.0007247.

日本語要約

水素水はMPTPで発症したパーキンソン病のモデルマウスにおけるドーパミン神経消失を減らす。

九州大学薬学大学院

■要約
分子状水素は酸化ストレスからの影響を守り脳神経障害を抑制する作用があることが示されている。慢性的な酸化ストレスは、パーキンソン病(PD)などの神経変性疾患を引き起こす。ここでは、H2(水素)を含む水を与えたMPTP((1-メチル-4-フェニル-1,2,3,6-テトラヒドロピリジン、1-Methyl-4-phenyl-1,2,3,6-tetrahydropyridine)で発症させたパーキンソン病モデルマウスのドーパミン作動性神経細胞の損失を低減することを示した。

水素濃度は、飽和した水素水の濃度1.5ppmと低濃度の0.08PPMでもほぼ同等の効果を有することを示した。水素を含んだ水を飲んだマウスではMPTPで誘発した細胞8-オキソグアニンの蓄積、DNA損傷マーカーおよび脂質過酸化マーカー4-HNEがドーパミン作用経路で減少したことを確認。しかし、スーパーオキシド産生の減少はあまりなかった。水素(H2)を含む水は低濃度でも脳内の酸化ストレスを減らすことができると示した。

これらの結果から水素(H2)を含む水を飲むことは、生活習慣による酸化ストレスで誘発されるパーキンソン病などの神経変性の危険を最小限に抑えるため日常生活でも役に立つ場合がある。

MPTP

MPTP(1-メチル-4-フェニル-1,2,3,6-テトラヒドロピリジン、1-Methyl-4-phenyl-1,2,3,6-tetrahydropyridine)。
神経毒の1種で体内に摂取することでパーキンソン病などの病態を引き起こします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飲用直前の水素濃度はどのくらい?
アクリファイ

ピックアップ記事

  1. 携帯用水素水生成器
  2. 『水素で治療、効果いかに』 2016年4月9日 毎日新聞
  3. 購入を考えている商品の水素濃度は本当!?
  4. 水素水を飲みすぎると『下痢』になる
  5. 20160511-21557
PAGE TOP