『パーキンソン病』の予防に関する論文

『酸化ストレスを減少させる抗酸化物質』と発表された論文

学術雑誌名:Biochim Biophys Acta. 2012 May;1820(5):586-94. doi: 10.1016/j.bbagen.2011.05.006. Epub 2011 May 20.

水素分子は酸化ストレスを減少させ、医療の場で役に立つ可能性がある新たな抗酸化物質と発表されています。
※日本語訳はページ下部に記載しています。

Molecular hydrogen is a novel antioxidant to efficiently reduce oxidative stress with potential for the improvement of mitochondrial diseases.

Department of BIochemistry and Cell Biology, Nippon Medical School

■BACKGROUND
Mitochondria are the major source of oxidative stress. Acute oxidative stress causes serious damage to tissues, and persistent oxidative stress is one of the causes of many common diseases, cancer and the aging process; however, there has been little success in developing an effective antioxidant with no side effect. We have reported that molecular hydrogen has potential as an effective antioxidant for medical applications [Ohsawa et al., Nat. Med. 13 (2007) 688-694].

■SCOPE OF REVIEW
We review the recent progress toward therapeutic and preventive applications of hydrogen. Since we published the first paper in Nature Medicine, effects of hydrogen have been reported in more than 38 diseases, physiological states and clinical tests in leading biological/medical journals. Based on this cumulative knowledge, the beneficial biological effects of hydrogen have been confirmed. There are several ways to intake or consume hydrogen, including inhaling hydrogen gas, drinking hydrogen-dissolved water, taking a hydrogen bath, injecting hydrogen-dissolved saline, dropping hydrogen-dissolved saline into the eyes, and increasing the production of intestinal hydrogen by bacteria. Hydrogen has many advantages for therapeutic and preventive applications, and shows not only anti-oxidative stress effects, but also has various anti-inflammatory and anti-allergic effects. Preliminary clinical trials show that drinking hydrogen-dissolved water seems to improve the pathology of mitochondrial disorders.

■MAJOR CONCLUSIONS
Hydrogen has biological benefits toward preventive and therapeutic applications; however, the molecular mechanisms underlying the marked effects of small amounts of hydrogen remain elusive.

■GENERAL SIGNIFICANCE
Hydrogen is a novel antioxidant with great potential for actual medical applications. This article is part of a Special Issue entitled Biochemistry of Mitochondria.引用:Biochim Biophys Acta. 2012 May;1820(5):586-94. doi: 10.1016/j.bbagen.2011.05.006. Epub 2011 May 20.

日本語要約

水素分子は酸化ストレスを軽減させ、ミトコンドリア病を改善する可能性がある抗酸化物質です。

日本医科大学大学院 医学研究科

■背景
ミトコンドリアは、酸化ストレスの主要な源である。急性の酸化ストレスは、細胞組織に損傷を与え、慢性的な酸化ストレスは癌や多くの病気や老化へのプロセスの原因の1つに挙げられる。これに対して、副作用がなく安全な抗酸化物質の開発に成功はありませんでしたが、水素分子は抗酸化物質として医療分野で効果が見込める可能性がある。

■レビューの範囲
水素分子の病気への治療や予防について最新の進展を確認します。Nature Medicine(ネイチャーメディシン)へ水素分子について最初の論文を発表してから生物学、医学雑誌に38以上の疾患、臨床試験の効果が報告され水素の有効性が確認されている。体内への摂取方法はいくつか方法がある。水素ガスを吸入する。水素水を飲用。水素風呂に入浴。水素を溶かした生理食水を注射したり、水素を溶かした食塩水を目薬にしたり、腸内のバクテリアが生成する水素量を増やしたり。水素は抗酸化物質なだけでなく、抗炎症作用や抗アレルギー作用も持ち合わせている。水素水を飲んだ臨床試験では、ミトコンドリア病の病態を改善することが示されている。

■結論
水素が病気の治療や予防に役に立つのがわかる反面、なぜ少しの量の水素で著しい効果があるのかメカニズムは不明な点がある。

■重要性
水素は医療の場で役に立つ可能性がある新たな抗酸化物質です。(本稿はミトコンドリアの生化学と題する特集の一部)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飲用直前の水素濃度はどのくらい?
アクリファイ

ピックアップ記事

  1. 携帯用水素水生成器
  2. 『水素で治療、効果いかに』 2016年4月9日 毎日新聞
  3. 購入を考えている商品の水素濃度は本当!?
  4. 水素水を飲みすぎると『下痢』になる
  5. 20160511-21557
PAGE TOP