『パーキンソン病』の予防に関する論文

『肥満』/『糖尿病』に関する論文

dB/dB肥満(肥満性糖尿病)マウスへ短期間・長期間、水素水を飲用させたところ肝臓の酸化ストレスが減少し、水素が肥満、糖尿病及びメタボリックシンドロームの改善に効果があると示唆した論文。
※日本語訳はページ下部に記載

Molecular hydrogen improves obesity and diabetes by inducing hepatic FGF21 and stimulating energy metabolism in db/db mice.

Department of Biochemistry and Cell Biology, Institute of Development and Aging Sciences, Graduate School of Medicine, Nippon Medical School, Kawasaki, Kanagawa, Japan.

Recent extensive studies have revealed that molecular hydrogen (H(2)) has great potential for improving oxidative stress-related diseases by inhaling H(2) gas, injecting saline with dissolved H(2), or drinking water with dissolved H(2) (H(2)-water); however, little is known about the dynamic movement of H(2) in a body. First, we show that hepatic glycogen accumulates H(2) after oral administration of H(2)-water, explaining why consumption of even a small amount of H(2) over a short span time efficiently improves various disease models. This finding was supported by an in vitro experiment in which glycogen solution maintained H(2).

Next, we examined the benefit of ad libitum drinking H(2)-water to type 2 diabetes using db/db obesity model mice lacking the functional leptin receptor.

Drinking H(2)-water reduced hepatic oxidative stress, and significantly alleviated fatty liver in db/db mice as well as high fat-diet-induced fatty liver in wild-type mice.

Long-term drinking H(2)-water significantly controlled fat and body weights, despite no increase in consumption of diet and water.

Moreover, drinking H(2)-water decreased levels of plasma glucose, insulin, and triglyceride, the effect of which on hyperglycemia was similar to diet restriction.

To examine how drinking H(2)-water improves obesity and metabolic parameters at the molecular level, we examined gene-expression profiles, and found enhanced expression of a hepatic hormone, fibroblast growth factor 21 (FGF21), which functions to enhance fatty acid and glucose expenditure.

Indeed, H(2) stimulated energy metabolism as measured by oxygen consumption. The present results suggest the potential benefit of H(2) in improving obesity, diabetes, and metabolic syndrome.

引用:Obesity (Silver Spring). 2011 Jul;19(7):1396-403. doi: 10.1038/oby.2011.6. Epub 2011 Feb 3.

日本語訳

水素分子は、肝臓FGF21を誘発しdB/dB肥満(肥満性糖尿病)マウスでエネルギー代謝を促進することにより症状を改善する。

日本医科大学

水素分子は、肝臓でFGF-21を誘発しエネルギー代謝を促進することで、dB/dB肥満(肥満性糖尿病)マウスの症状を改善する
※FGF-21 / 空腹時に肝臓で生成され、代謝に関係する作用を持つホルモン。

近年の様々な研究で、水素水もしくは水素ガス吸入を行うことで酸化ストレスが原因で起こる様々な病気を改善させる作用があることが判明してきたが、詳細のメカニズムまでは分からない部分がある。この研究は、水素水を投与して肝臓のグリコローゲンに水素分子が蓄積することで、短い時間の間に少しづつ水素を与えたとき、なぜ様々な疾患モデルに効果的な作用があるのかを説明している。(グリコーゲン溶液が水素分子を維持した試験管内の実験で確認)

レプチン受容体の機能が不足しているdB/dB肥満(肥満性糖尿病)マウスモデルを使用して、自由に水素水を飲用させた。結果、水素水は肝臓の酸化ストレスを減少させ、脂肪肝、高脂肪食餌誘導性脂肪肝を軽減した。そして長期間、継続して水素水を飲用すると水分量や食事量に大幅な増加がないにも関わらず、脂肪と体重を制御する効果も確認した。さらに血漿グルコース、インスリン、トリグリセリド濃度も低下し高血糖に対する効果は、食事制限している時と比較しても同等の結果だった。

本研究は、水素水の摂取が肥満、糖尿病及びメタボリックシンドロームの改善に効果的であることを示唆している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飲用直前の水素濃度はどのくらい?
アクリファイ

ピックアップ記事

  1. 携帯用水素水生成器
  2. 『水素で治療、効果いかに』 2016年4月9日 毎日新聞
  3. 購入を考えている商品の水素濃度は本当!?
  4. 水素水を飲みすぎると『下痢』になる
  5. 20160511-21557
PAGE TOP