『パーキンソン病』の予防に関する論文

『神経障害』に関する論文

学術雑誌名:PLoS One. 2014 Jun 18;9(6):e100352. doi: 10.1371/journal.pone.0100352. eCollection 2014.

神経障害性疼痛(とうつう)を発症させたマウスへ水素水を投与し、どのような効果があるかを測定・調査した論文です。
※日本語訳はページ下部に記載しています。

Molecular hydrogen attenuates neuropathic pain in mice.

Department of Anesthesiology, National Defense Medical College, Tokorozawa, Saitama, Japan.

■Abstract
Neuropathic pain remains intractable and the development of new therapeutic strategies are urgently required. Accumulating evidence indicates that overproduction of oxidative stress is a key event in the pathogenesis of neuropathic pain. However, repeated intra-peritoneal or intrathecal injections of antioxidants are unsuitable for continuous use in therapy.

Here we show a novel therapeutic method against neuropathic pain: drinking water containing molecular hydrogen (H2) as antioxidant. The effect of hydrogen on neuropathic pain was investigated using a partial sciatic nerve ligation model in mice. As indicators of neuropathic pain, temporal aspects of mechanical allodynia and thermal hyperalgesia were analysed for 3 weeks after ligation. Mechanical allodynia and thermal hyperalgesia were measured using the von Frey test and the plantar test, respectively.

When mice were allowed to drink water containing hydrogen at a saturated level ad libitum after ligation, both allodynia and hyperalgesia were alleviated. These symptoms were also alleviated when hydrogen was administered only for the induction phase (from day 0 to 4 after ligation). When hydrogen was administered only for the maintenance phase (from day 4 to 21 after ligation), hyperalgesia but not allodynia was alleviated. Immunohistochemical staining for the oxidative stress marker, 4-hydroxy-2-nonenal and 8-hydroxydeoxyguanosine, showed that hydrogen administration suppressed oxidative stress induced by ligation in the spinal cord and the dorsal root ganglion. In conclusion, oral administration of hydrogen water may be useful for alleviating neuropathic pain in a clinical setting.
引用:PLoS One. 2014 Jun 18;9(6):e100352. doi: 10.1371/journal.pone.0100352. eCollection 2014.

日本語要約

水素分子はマウスの神経障害性疼痛(とうつう)を軽減させます。

防衛医科大学校 麻酔科

■要約
神経障害性疼痛(とうつう)は原因が不明で、治療法が確立されていない疾患のため新しい治療法の開発が必要とされている。この疾患の原因として、過剰に発生した酸化ストレスが要因となり発症していると考えられるが、腹膜内や髄腔内(ずいくうない)へ抗酸化剤を継続して治療として投与することは難しく適していない。

本研究は、水素分子(H2)を含む水が抗酸化物質として神経障害性疼痛(とうつう)に対して新たな治療法になりうることを示唆している。坐骨神経を部分的に結紮したマウスに神経障害性疼痛(とうつう)を発症させ、結紮後3週間水素水の飲用・効果を調査を実施。機械的な異痛症および熱痛覚過敏はVon Frey式感覚測定とplantarテストにより測定。
※Von Frey式感覚測定・・機械刺激を加え、急性痛を測定。
※plantarテスト・・・熱刺激を加え、急性痛を評価するテスト。

結紮後のマウスへ飽和レベルの水素水を自由に摂取させたところ、異痛症と熱痛覚過敏の両方が軽減されたことを確認。発症を誘発させた期間(結紮後0日~4日)、症状(異痛症と熱痛覚過敏)が軽減、結紮後4日~21日の期間は熱痛覚過敏が軽減され異痛症に変化はなかった。免疫組織化学的染色の酸化ストレス(4-ヒドロキシ-2-nonenalとヒドロキシデオキシグアノシン)を測定し脊髄と後根神経節への結紮により誘発される酸化ストレスは、水素水の投与により抑制されることを確認した。このことから水素水を飲用は、神経障害性疼痛(とうつう)を軽減させることに役立ち臨床的にも有効であることが示された。

神経障害性疼痛(とうつう)

様々な原因により末梢神経などに障害が起きて痛みが生じる症状。重度の症状になると、少し肌が触れただけで痛みを感じたり、まったく刺激がなくても痛みを感じるケースもある。鎮痛薬などでは、ほとんど効果が得られないなどの特徴がある症状です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飲用直前の水素濃度はどのくらい?
アクリファイ

ピックアップ記事

  1. 携帯用水素水生成器
  2. 『水素で治療、効果いかに』 2016年4月9日 毎日新聞
  3. 購入を考えている商品の水素濃度は本当!?
  4. 水素水を飲みすぎると『下痢』になる
  5. 20160511-21557
PAGE TOP