『パーキンソン病』の予防に関する論文

『肝臓障害』の抑制に関する論文

学術雑誌名:Biochem Biophys Res Commun. 2007 Sep 28;361(3):670-4. Epub 2007 Jul 25.

水素は、酸化ストレスと虚血再灌流障害により起こる肝臓障害を抑制することを確認した論文になります。
※日本語訳はページ下部に記載しています。

Inhalation of hydrogen gas suppresses hepatic injury caused by ischemia/reperfusion through reducing oxidative stress.

Department of Biochemistry and Cell Biology, Institute of Development and Aging Sciences, Graduate School of Medicine, Nippon Medical School, Kawasaki, Kanagawa 211-8533, Japan.

■Abstract
We have recently showed that molecular hydrogen has great potential for selectively reducing cytotoxic reactive oxygen species, such as hydroxyl radicals, and that inhalation of hydrogen gas decreases cerebral infarction volume by reducing oxidative stress [I. Ohsawa, M. Ishikawa, K. Takahashi, M. Watanabe, K. Nishimaki, K. Yamagata, K.-I. Katsura, Y. Katayama, S. Asoh, S. Ohta, Hydrogen acts as a therapeutic antioxidant by selectively reducing cytotoxic oxygen radicals, Nat. Med., 13 (2007) 688-694].

Here we show that the inhalation of hydrogen gas is applicable for hepatic injury caused by ischemia/reperfusion, using mice. The portal triad to the left lobe and the left middle lobe of the liver were completely occluded for 90min, followed by reperfusion for 180min. Inhalation of hydrogen gas (1-4%) during the last 190min suppressed hepatic cell death, and reduced levels of serum alanine aminotransferase and hepatic malondialdehyde. In contrast, helium gas showed no protective effect, suggesting that the protective effect by hydrogen gas is specific. Thus, we propose that inhalation of hydrogen gas is a widely applicable method to reduce oxidative stress.引用:Biochem Biophys Res Commun. 2007 Sep 28;361(3):670-4. Epub 2007 Jul 25.

日本語要約

水素ガスを吸入することで、、酸化ストレスを減少させ虚血再灌流障害により引き起こされる肝臓障害を抑制することができる。

日本医科大学大学院医学研究科

■抽象
水素分子は細胞障害型活性酸素である悪玉活性酸素を除去する可能性があり、水素ガスの吸入を行うことで酸化ストレスと脳梗塞体積を減少させる。そのため水素は活性酸素を除去するための抗酸化剤としての役割を果たすと考えられる。

今回の実験では、マウスに水素ガスを吸入し虚血再灌流障害により引き起こされる肝障害を減少されることができることを確認。肝臓の左葉から左葉中央までを90分間 閉塞しその後、180分間再灌流を起こし190分間までの間に水素ガスを1~4パーセント吸入させると、肝臓細胞死が抑制され、血清中アラニンアミノ基転移酵素(ALT)や肝マロンジアルデヒドの量が減少した。またヘリウムで同様の実験を行ったが、なんら効果は確認できなかったことを踏まえると、水素ガスの吸入は、酸化ストレスを減少させる方法として応用できると考えられる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飲用直前の水素濃度はどのくらい?
アクリファイ

ピックアップ記事

  1. 携帯用水素水生成器
  2. 『水素で治療、効果いかに』 2016年4月9日 毎日新聞
  3. 購入を考えている商品の水素濃度は本当!?
  4. 水素水を飲みすぎると『下痢』になる
  5. 20160511-21557
PAGE TOP