『パーキンソン病』の予防に関する論文

『腎臓(肝障害) 』の改善に関する論文

学術雑誌名:Nephron Exp Nephrol. 2015 Jan 9.

水素ガス吸入は、重度の肝障害の改善に効果があるのか?を調査した論文です。
※日本語訳はページ下部に記載しています。

Inhalation of Hydrogen Gas Is Beneficial for Preventing Contrast-Induced Acute Kidney Injury in Rats.

Department of Emergency and Critical Care Medicine School of Medicine, Keio University, Tokyo, Japan.

Abstract
■Background
The present study aimed at investigating the effect of a novel antioxidant, hydrogen (H2) gas, on the severity of contrast-induced acute kidney injury (CIAKI) in a rat model.

■Methods
CIAKI was induced in rats by intravenous injection of a contrast medium, Ioversol, in addition to reagents inhibiting prostaglandin and nitric oxide synthesis. During the injection of these reagents, the rats inhaled H2 gas or control gas.

■Results
One day after the injection, serum levels of urea nitrogen were significantly lower in H2 gas-inhaling CIAKI rats (17.6 ± 2.3 mg/dl) than those in control gas-treated CIAKI rats (36.0 ± 7.3 mg/dl), although they both were elevated as compared to untreated rats (14.9 ± 0.9 mg/dl). Consistently, creatinine clearance in H2 gas-treated CIAKI rats was higher than that in control gas-treated counterparts. Renal histological analysis revealed that the formation of proteinaceous casts and tubular necrosis was improved by H2 gas inhalation. Mechanistic analyses showed that inhalation of H2 gas significantly reduced renal cell apoptosis, expression of cleaved caspase 3, and expression of an oxidative stress marker, 8-hydroxydeoxyguanosine, in injured kidneys.

■Conclusion
Results suggest that H2 gas inhalation is effective in ameliorating the severity of CIAKI in rats by reducing renal cell apoptosis and oxidative stress.

引用:Nephron Exp Nephrol. 2015 Jan 9.

日本語要約

水素ガス吸入はラットモデルの造影剤誘発性腎症(Contrast Induced Nephropathy)急性腎障害の防止に効果がある。

慶應義塾大学 医学部

■背景
ラットモデルにおける造影剤誘発性腎症(Contrast Induced Nephropathy)による重度の腎障害に、水素ガス吸入の効果があるかを調査するための研究。

■方法
重度の肝障害は、造影剤(イオベルソール)、プロスタグランジン、一酸化窒素合成阻害剤を加えラットモデルへの静脈注射により誘発した。これらの試薬を注入中に水素ガスまたは制御ガスを吸入。

■結果
注射から1日後、水素ガス吸入を行ったラットモデルの血中の尿素窒素レベル(17.6±2.3mg/dl)は、制御ガス吸入を行ったラットモデルのレベル(36.0±7.3mg/dl)に比べ大幅に低かった。しかし、何も処理をしていないラットモデルのレベル(14.9±0.9mg/dl)に比べると上昇していた。ただ一貫して、水素ガス吸入を行ったラットモデルは制御ガス吸入を行ったラットモデルよりも腎臓の老廃物を排泄する能力は高かった。腎臓の組織学的分析では、水素ガス吸入を行うとタンパク質キャスト及び管状壊死の形成を改善することを確認。メカニズムの分析では、水素ガス吸入で激しく損傷した腎臓の細胞アポトーシス、切断されたカスパーゼ3の発現および酸化ストレスマーカーの発現が減少したことが分かった。

■結論
水素ガス吸入を行うことで、腎臓細胞アポトーシスと酸化ストレスをを減少させる。また重度の肝障害の改善にも効果があると考えられる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飲用直前の水素濃度はどのくらい?
アクリファイ

ピックアップ記事

  1. 携帯用水素水生成器
  2. 『水素で治療、効果いかに』 2016年4月9日 毎日新聞
  3. 購入を考えている商品の水素濃度は本当!?
  4. 水素水を飲みすぎると『下痢』になる
  5. 20160511-21557
PAGE TOP