『パーキンソン病』の予防に関する論文

『抗酸化物質である水素の可能性』に関する論文

学術雑誌名:Med Gas Res. 2013 May 16;3(1):10. doi: 10.1186/2045-9912-3-10.

抗酸化物質としての水素分子が将来、医療分野で新たな治療法になる可能性があると分析している論文です。
※日本語訳はページ下部に記載しています。

The evolution of molecular hydrogen: a noteworthy potential therapy with clinical significance.

Department of Physiology, Loma Linda University School of Medicine, Risley Hall, Room 223, Loma Linda, CA, 92354, USA.

■Abstract
Studies on molecular hydrogen have evolved tremendously from its humble beginnings and have continued to change throughout the years. Hydrogen is extremely unique since it has the capability to act at the cellular level. Hydrogen is qualified to cross the blood brain barrier, to enter the mitochondria, and even has the ability to translocate to the nucleus under certain conditions. Once in these ideal locations of the cell, previous studies have shown that hydrogen exerts antioxidant, anti-apoptotic, anti-inflammatory, and cytoprotective properties that are beneficial to the cell.

Hydrogen is most commonly applied as a gas, water, saline, and can be applied in a variety of other mediums. There are also few side effects involving hydrogen, thus making hydrogen a perfect medical gas candidate for the convention of novel therapeutic strategies against cardiovascular, cerebrovascular, cancer, metabolic, and respiratory diseases and disorders. Although hydrogen appears to be faultless at times, there still are several deficiencies or snares that need to be investigated by future studies. This review article seeks to delve and comprehensively analyze the research and experiments that alludes to molecular hydrogen being a novel therapeutic treatment that medicine desperately needs.

引用:Med Gas Res. 2013 May 16;3(1):10. doi: 10.1186/2045-9912-3-10.

日本語要約

臨床的な重要性を持つ水素分子は注目すべき治療法になる可能性がある

マリンダ大学(アメリカ)

■要約
水素分子の研究は年を越すごとに進歩し変化し続けている。研究が続く中で、水素はミトコンドリアの中に侵入したり、血液脳関門を通過することができたり、特定の条件下では核に侵入することができたり、細胞レベルで作用する独自の特徴がある。以前の研究結果から水素は一旦、細胞の特定部位まで侵入すると抗炎症作用、抗アポトーシス作用、抗酸化作用など有益な細胞保護の特性を発揮する。

一般的に水素はガス、水、生理食塩水として適用され、水素には副作用がほとんどなく、脳血管、癌、代謝性、呼吸疾患および障害に対し完璧な医療ガスとして水素分子は新しい治療法になると考えられている。しかし、今後の研究が進めば水素の副作用が見つかる場合もある。この総説は水素分子が医療分野で必要とされる新しい治療法となると研究や実験を分析しようとしたものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飲用直前の水素濃度はどのくらい?
アクリファイ

ピックアップ記事

  1. 携帯用水素水生成器
  2. 『水素で治療、効果いかに』 2016年4月9日 毎日新聞
  3. 購入を考えている商品の水素濃度は本当!?
  4. 水素水を飲みすぎると『下痢』になる
  5. 20160511-21557
PAGE TOP