『パーキンソン病』の予防に関する論文

『B型慢性肝炎』患者への効果に関する論文

学術雑誌名:Clin Transl Sci. 2013 Oct;6(5):372-5. doi: 10.1111/cts.12076. Epub 2013 Jun 13.

B型慢性肝炎患者に対して水素水(1日あたり1.2L~1.8L)を経口摂取した際、どのような影響があるかを調査した論文。B型肝炎ウイルスに対する大幅な改善は確認できませんでしたが、人体にとって健康上好ましくない環境を作り出す原因となる酸化ストレスを大幅に減少させることが分かりました。
※日本語訳はページ下部に記載しています。

Effect of hydrogen-rich water on oxidative stress, liver function, and viral load in patients with chronic hepatitis B.

Center for Clinical Laboratory of Forth People’s Hospital of Huai’an, Jiangsu, 223002, China; Department of Diving Medicine, the Second Military Medical University, Shanghai, 200422, China.

■Abstract
OBJECTIVE
To investigate effects of hydrogen-rich water (HRW) on oxidative stress, liver function and HBV DNA in patients with chronic hepatitis B (CHB).

METHODS
Sixty patients with CHB were randomly assigned into routine treatment group or hydrogen treatment group in which patients received routine treatment alone or additional oral HRW (1200-1800 mL/day, twice daily), respectively, for 6 consecutive weeks. Serum oxidative stress, liver function, and HBV DNA level were detected before and after treatment. Thirty healthy subjects served as controls.

RESULTS
When compared with controls, oxidative stress was obvious in CHB patients, and the liver function also significantly impaired. After treatment, the oxidative stress remained unchanged in routine treatment group, but markedly improved in hydrogen treatment group. The liver function was improved significantly and the HBV DNA reduced markedly after corresponding treatments. Although a significant difference was noted in the oxidative stress between two groups after treatment, the liver function and HBV DNA level were comparable after treatment and both had improved tendencies.

CONCLUSION
HRW significantly attenuates oxidative stress in CHB patients, but further study with long-term treatment is required to confirm the effect of HRW on liver function and HBV DNA level.
引用:Clin Transl Sci. 2013 Oct;6(5):372-5. doi: 10.1111/cts.12076. Epub 2013 Jun 13.

日本語要約

B型慢性肝炎患者における酸化ストレス、肝機能、およびウイルス量に対して水素水の効果

中国第二軍医科大学

■要約
目的
B型慢性肝炎(CHB)患者の酸化ストレス、肝機能、ウィルス量に対して水素水がどのような効果を与えるかを調査。

方法
60人のB型慢性肝炎(CHB)患者に対して、日常的な治療群と水素治療群を無作為(ランダム)に分けて6週間にわたり調査。水素治療の際、水素水の経口摂取は1日2回、摂取量は1.2L~1.8L/日。血清酸化性ストレス、肝機能およびB型肝炎ウイルス(HBV)、DNA値を調査の処理前と処理後に測定し対照群としてさらに30人の健常者と比較。

結果
対照群と慢性B型肺炎(CHB)患者を比較した場合、酸化ストレスは明らかに高く、肝機能も著しく損なわれていた。6週間の処理を行った後、日常的な治療群の酸化ストレスに変化はなかったが、水素治療群は著しく改善していることを確認し肝機能も大幅に改善、B型肝炎ウイルス(HBV)、DNA値も顕著に減少した。調査の結果、水素水治療群は酸化ストレスの減少について有意差があったが、肝機能、B型肝炎ウイルス(HBV)、DNA値は日常の治療群と比べると大きな差はなく両グループとも改善傾向にあった。

結論
B型慢性肺炎(CHB)患者への水素水の経口摂取は、酸化ストレスを大幅に減少させることを確認したが、肝機能、B型肝炎ウイルス(HBV)、DNA値に対する影響についてはさらに長期的な研究が必要である。

B型慢性肺炎とは

B型肝炎ウイルス(HBV)への感染が長期間続くことで起きる症状。肝細胞内で増殖するB型肝炎ウィルスが免疫細胞の標的となり発症するため、通常は抗ウィルス療法などが必要となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飲用直前の水素濃度はどのくらい?
アクリファイ

ピックアップ記事

  1. 携帯用水素水生成器
  2. 『水素で治療、効果いかに』 2016年4月9日 毎日新聞
  3. 購入を考えている商品の水素濃度は本当!?
  4. 水素水を飲みすぎると『下痢』になる
  5. 20160511-21557
PAGE TOP