『パーキンソン病』の予防に関する論文

『高血圧』の予防に関する論文

学術雑誌名:Mol Cell Biochem. 2014 Jul;392(1-2):117-24. doi: 10.1007/s11010-014-2024-4. Epub 2014 Mar 21.

水素水を飲用することで高血圧自然発生ラットの腎障害に効果があるかを調査した論文です。
※日本語訳はページ下部に記載しています。

Consumption of hydrogen-rich water alleviates renal injury in spontaneous hypertensive rats.

Department of Infectious Disease, Changzheng Hospital, Second Military Medical University, Shanghai, 200003, China.

■Abstract
In hypertensive animals and patients, oxidative stress represents the primary risk factor for progression of renal disease. Recently, it has been demonstrated that hydrogen, as a novel antioxidant, can selectively reduce hydroxyl radicals and peroxynitrite anion to exert therapeutic antioxidant activity. Herein, we investigated the protective effect of hydrogen-rich water (HW) against renal injury in spontaneously hypertensive rats (SHR). The 8-week-old male SHR and age-matched Wistar-Kyoto rats were randomized into HW-treated (1.3 ± 0.2 mg/l for 3 months, drinking) and vehicle-treated group. Although treatment with HW had no significant effect on blood pressure, it significantly ameliorated renal injury in SHR.

Treatment with HW lowered reactive oxygen species formation, upregulated the activities of superoxide dismutase, glutathione peroxidase, glutathione-S-epoxide transferase, and catalase, and suppressed NADPH oxidase activity. Treatment with HW in SHR depressed pro-inflammatory cytokines expression including TNF-α, IL-6, IL-1β, and macrophage chemoattractant protein 1, which might be mediated by suppressing nuclear factor-κB activation. In addition, treatment with HW had protective effect on mitochondrial function including adenosine triphosphate formation and membrane integrity in SHR. In conclusion, consumption of HW is a promising strategy to alleviate renal injury as a supplement for anti-hypertensive therapy.
引用:Mol Cell Biochem. 2014 Jul;392(1-2):117-24. doi: 10.1007/s11010-014-2024-4. Epub 2014 Mar 21.

日本語要約

水素水を飲用することで、高血圧自然発症ラットの腎障害を軽減することができる

第二軍医大学(中国)

■抽象
酸化ストレスは高血圧の患者において、腎疾患の進行させる危険因子となる。近年の臨床実験で水素が選択的にヒドロキシラジカルやパーオキシナイトレートアニオンを除去することが確認され、新しい抗酸化物質として病気の治療に応用できるのではないかと言われている。そのため、高血圧自然発症ラットの腎障害に対して水素水の保護効果について調査した。8週齢の雄の高血圧自然発生ラットと同年齢のWistar-Kyotoラットに水素水摂取グループ(3ヵ月間:1.3の±0.2mg/l:経口摂取)と非投与群グループにランダムで分けた。水素水を摂取したグループは血圧に特に重要な影響を受けることはなく、高血圧自然発症ラットの腎障害を抑制した。

また水素水摂取グループ(水素水の飲用)は、活性酸素の発生が低下し、活性酸素を除去する酵素(SOD/スーパーオキシドジスムターゼ)・グルタチオン-S-トランスフェラーゼエポキシド・グルタチオンペルオキシダーゼ・カタラーゼなど)が発生がアップし、NADPHオキシダーゼ活性(動脈硬化症の主な原因)を抑制した。高血圧自然発症ラットが水素水を飲用することで、TNF-α、IL-6、IL-1β、およびマクロファージ走化性タンパク質1などの炎症誘発性サイトカインの発現を抑えられた。そして核要因-κBの発生を抑えられた可能性も考えられる。アデノシン3リン酸の形成とミトコンドリア機能の保護効果も確認することができた。結果として、水素水の飲用は、腎障害を抑える高血圧療法としてとても期待できると考えられる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飲用直前の水素濃度はどのくらい?
アクリファイ

ピックアップ記事

  1. 携帯用水素水生成器
  2. 『水素で治療、効果いかに』 2016年4月9日 毎日新聞
  3. 購入を考えている商品の水素濃度は本当!?
  4. 水素水を飲みすぎると『下痢』になる
  5. 20160511-21557
PAGE TOP