『パーキンソン病』の予防に関する論文

『糖尿病』の改善効果に関する論文

学術雑誌名:Nutr Res. 2008 Mar;28(3):137-43. doi: 10.1016/j.nutres.2008.01.008.

2型糖尿病または境界型糖尿病を有する患者が水素水を8週間飲用(1日あたり900mℓ飲用)。
その後、ブドウ糖負荷試験を実施し効果改善を調査した論文です。
※日本語訳はページ下部に記載しています。

Supplementation of hydrogen-rich water improves lipid and glucose metabolism in patients with type 2 diabetes or impaired glucose tolerance.

Kajiyama Clinic, Kyoto 615-0035, Japan.

■Abstract
Oxidative stress is recognized widely as being associated with various disorders including diabetes, hypertension, and atherosclerosis. It is well established that hydrogen has a reducing action. We therefore investigated the effects of hydrogen-rich water intake on lipid and glucose metabolism in patients with either type 2 diabetes mellitus (T2DM) or impaired glucose tolerance (IGT). We performed a randomized, double-blind, placebo-controlled, crossover study in 30 patients with T2DM controlled by diet and exercise therapy and 6 patients with IGT.

The patients consumed either 900 mL/d of hydrogen-rich pure water or 900 mL of placebo pure water for 8 weeks, with a 12-week washout period. Several biomarkers of oxidative stress, insulin resistance, and glucose metabolism, assessed by an oral glucose tolerance test, were evaluated at baseline and at 8 weeks. Intake of hydrogen-rich water was associated with significant decreases in the levels of modified low-density lipoprotein (LDL) cholesterol (ie, modifications that increase the net negative charge of LDL), small dense LDL, and urinary 8-isoprostanes by 15.5% (P < .01), 5.7% (P < .05), and 6.6% (P < .05), respectively. Hydrogen-rich water intake was also associated with a trend of decreased serum concentrations of oxidized LDL and free fatty acids, and increased plasma levels of adiponectin and extracellular-superoxide dismutase. In 4 of 6 patients with IGT, intake of hydrogen-rich water normalized the oral glucose tolerance test. In conclusion, these results suggest that supplementation with hydrogen-rich water may have a beneficial role in prevention of T2DM and insulin resistance.
引用:Nutr Res. 2008 Mar;28(3):137-43. doi: 10.1016/j.nutres.2008.01.008.

日本語要約

水素を豊富に含む水の摂取は、2型糖尿病、耐糖能異常患者の糖質や糖代謝を改善します。

梶山内科クリニック(京都)、京都府立医科大学大学病院ほか

■抽象
酸化ストレスは、糖尿病・高血圧症・アテローム性動脈硬化症(動脈硬化の一種)などを含む様々な疾患に関係しており、水素がこの作用を還元することは広く認識されている。そのため2型糖尿病(T2DM)または境界型糖尿病(耐糖能異常/IGT)のいずれかを有する患者へ水素水を摂取させ脂質、糖代謝に対する改善効果を調査。食事・運動療法を行っている30人の2型糖尿病患者(T2DM)と6人の境界型糖尿病患者(耐糖能異常/IGT)を対象に試験を実施。
(実施内容:ランダム二重盲目比較試験、プラセボ対照、クロスオーバー試験)

各患者は12週間のウォッシュアウト期間(なにかしらの薬を何も投与しない期間)に、水素水またはプラセボ水(純水)のどちらかを1日900mℓ(1回300mℓ×3回)飲用させた。飲用を続けて8週間経過後、酸化ストレス、インシュリン抵抗性、糖代謝(ブドウ糖負荷試験によって評価)、いくつかのバイオマーカー(特定の病状や生命体の状態の指標)を評価した。水素水を摂取した群血液中の酸化LDLマーカーの一つであるイソプラスタンが減少していることを確認。また酸化LDL、遊離脂肪酸の減少した血清濃度とも関係しており、アディポネクチン(脂肪細胞から分泌される分泌蛋白)とスーパーオキシドジスムターゼ(SOD)酵素を増加させた。

水素水を飲用した境界型糖尿病患者(耐糖能異常/IGT)へブドウ糖負荷試験を実施したところ、6人中4人は正常となった。これらの結果から、水素を豊富に含む水を摂取することがこう2型糖尿病(T2DM)、インスリン抵抗関連疾患発症予防に有益な効果を与える役割を持つことを示唆する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飲用直前の水素濃度はどのくらい?
アクリファイ

ピックアップ記事

  1. 携帯用水素水生成器
  2. 『水素で治療、効果いかに』 2016年4月9日 毎日新聞
  3. 購入を考えている商品の水素濃度は本当!?
  4. 水素水を飲みすぎると『下痢』になる
  5. 20160511-21557
PAGE TOP