『パーキンソン病』の予防に関する論文

『認知障害』の予防に関する論文

学術雑誌名:Neuropsychopharmacology. 2009 Jan;34(2):501-8. doi: 10.1038/npp.2008.95. Epub 2008 Jun 18.

水素水の継続的な摂取により、認知症を予防できるのかを調査した論文になります。
※日本語訳はページ下部に記載しています。

Consumption of molecular hydrogen prevents the stress-induced impairments in hippocampus-dependent learning tasks during chronic physical restraint in mice.

Department of Biochemistry and Cell Biology, Institute of Development and Aging Sciences, Graduate School of Medicine, Nippon Medical School, Nakahara-ku, Kawasaki, Japan.

■Abstract
We have reported that hydrogen (H(2)) acts as an efficient antioxidant by gaseous rapid diffusion. When water saturated with hydrogen (hydrogen water) was placed into the stomach of a rat, hydrogen was detected at several microM level in blood. Because hydrogen gas is unsuitable for continuous consumption, we investigated using mice whether drinking hydrogen water ad libitum, instead of inhaling hydrogen gas, prevents cognitive impairment by reducing oxidative stress.

Chronic physical restraint stress to mice enhanced levels of oxidative stress markers, malondialdehyde and 4-hydroxy-2-nonenal, in the brain, and impaired learning and memory, as judged by three different methods: passive avoidance learning, object recognition task, and the Morris water maze. Consumption of hydrogen water ad libitum throughout the whole period suppressed the increase in the oxidative stress markers and prevented cognitive impairment, as judged by all three methods, whereas hydrogen water did not improve cognitive ability when no stress was provided. Neural proliferation in the dentate gyrus of the hippocampus was suppressed by restraint stress, as observed by 5-bromo-2′-deoxyuridine incorporation and Ki-67 immunostaining, proliferation markers.

The consumption of hydrogen water ameliorated the reduced proliferation although the mechanistic link between the hydrogen-dependent changes in neurogenesis and cognitive impairments remains unclear. Thus, continuous consumption of hydrogen water reduces oxidative stress in the brain, and prevents the stress-induced decline in learning and memory caused by chronic physical restraint. Hydrogen water may be applicable for preventive use in cognitive or other neuronal disorders.
引用:Neuropsychopharmacology. 2009 Jan;34(2):501-8. doi: 10.1038/npp.2008.95. Epub 2008 Jun 18.

日本語要約

水素分子の摂取で、慢性的な身体の拘束により誘発された海馬依存性のストレス障害を防ぐことができる。

日本医科大学大学院 医学研究科

■抽象
水素ガスを吸引すると急速に水素が普及し、抗酸化物質として効果的な働きをします。ただ継続的に水素ガスを吸引することは難しいため水素水を摂取すると酸化ストレスの減少やマウスの認知低下を抑制することができるか調査しました。水素水を摂取したマウスの胃の中では、血液中に数マイクロMレベルで水素を見つけることができる。

マウスへ慢性的な身体拘束ストレスを与え、脳の中でマロンジアルデヒドおよび4-ヒドロキシ-2-ノネナールなどの酸化ストレスマーカーレベルが高くなり、記憶機能障害や学習機能障害を引き起こす。3つの方法(受動的回避学習、モリス水迷路、空間学習能)で記憶機能と学習機能を評価。水素水を摂取したすべての期間、酸化ストレスマーカーレベルの上昇を抑制し認知障害を防止したが、ストレスを与えていない場合、認識能力を向上することはなく水素水の効果はなかった。海馬の歯状回の神経増殖は、拘束ストレスを抑制することで神経細胞の増殖が抑制された。

水素水の摂取で、認知障害や神経細胞の増殖が抑制されたことが確認できたが詳細のメカニズムはまだ明らかになっていないが、水素水を継続して摂取することで脳内の酸化ストレスを軽減し、身体的拘束が誘発する記憶障害と学習障害を防ぐことが分かった。このことから水素水は、認知障害または他の神経疾患における予防的使用のために適用することができると考えられる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飲用直前の水素濃度はどのくらい?
アクリファイ

ピックアップ記事

  1. 携帯用水素水生成器
  2. 『水素で治療、効果いかに』 2016年4月9日 毎日新聞
  3. 購入を考えている商品の水素濃度は本当!?
  4. 水素水を飲みすぎると『下痢』になる
  5. 20160511-21557
PAGE TOP