『パーキンソン病』の予防に関する論文

『胎児への影響』 / 『気管支肺異形成症』の改善に関する論文

学術雑誌名:Pediatr Pulmonol. 2016 Feb 4. doi: 10.1002/ppul.23386.

妊娠中から水素水を飲用し、気管支肺異形成症を持つ胎児へどのような効果・効能があるのかを調査した論文になります。
※日本語訳はページ下部に記載しています。

Hydrogen-rich water ameliorates bronchopulmonary dysplasia (BPD) in newborn rats.

Division of Neurogenetics, Center for Neurological Diseases and Cancer, Nagoya University Graduate School of Medicine, Nagoya, Japan.

■Abstract
Bronchopulmonary dysplasia (BPD) is characterized by developmental arrest of the alveolar tissue. Oxidative stress is causally associated with development of BPD. The effects of hydrogen have been reported in a wide range of disease models and human diseases especially caused by oxidative stress. We made a rat model of BPD by injecting lipopolysaccharide (LPS) into the amniotic fluid at E16.5. The mother started drinking hydrogen-rich water from E9.5 and also while feeding milk.

Hydrogen normalized LPS-induced abnormal enlargement of alveoli at P7 and P14.LPS increased staining for nitrotyrosine and 8-OHdG of the lungs, and hydrogen attenuated the staining. At P1, LPS treatment decreased expressions of genes for FGFR4, VEGFR2, and HO-1 in the lungs, and hydrogen increased expressions of these genes. In contrast, LPS treatment and hydrogen treatment had no essential effect on the expression of SOD1.

Inflammatory marker proteins of TNFα and IL-6 were increased by LPS treatment, and hydrogen suppressed them. Treatment of A549 human lung adenocarcinoma epithelial cells with 10% hydrogen gas for 24 hr decreased production of reactive oxygen species in both LPS-treated and untreated cells. Lack of any known adverse effects of hydrogen makes hydrogen a promising therapeutic modality for BPD.
引用:Pediatr Pulmonol. 2016 Feb 4. doi: 10.1002/ppul.23386.

日本語要約

水素水は、新生児ラットの気管支肺異形成症(BPD)を改善します。

名古屋大学大学院 医学部

■抽象
気管支肺異形成症(BPD)は、肺胞組織が発育不全が原因で起こる病気で酸化ストレスが関係している。水素はこの酸化ストレスが原因とされる動物モデルや人間の疾患に効果があると報告されている。本実験では、まず妊娠中ラット(胎生9.5日齢/E9.5)へ授乳を行うことができるまで水素水を飲用させた。その後、胎生16.5日齢目(E16.5)に羊水へLPS(リポポリサッカリド)を注入して気管支肺異形成症(BPD)の胎児(モデルラット)を作成。胎児への影響を調査。

LPS(リポポリサッカリド)の注入により、生後7日齢ラットの肺胞の異常拡大の症状や生後14日齢ラットの肺のニトロチロシン・8-OHdGsenn(DNA酸化損傷マーカー)染色は増加したが、水素水の飲用でこれらの症状が弱まったことを確認。生後1日齢ラットでは、肺のFGFR4タンパク質・VEGFR2抗体・ヘムオキシゲナーゼ(HO-1)の遺伝子発現を減少させ、これら遺伝子の発現を増加させた。対象的に、スーパーオキシドジスムターゼ (SOD1)遺伝子の発現は、LPS(リポポリサッカリド)処理及び水素水の投与は関係なく重要な影響を及ぼすことはなかった。

また炎症性サイトカイン(TNFα、IL-6)タンパク質も、LPS(リポポリサッカリド)処理により増加を確認したが、水素の投与で抑制されることを確認した。そして24時間、ヒト肺胞基底上皮腺癌細胞(A549)に水素ガス(10%)を与えたところ、LPS(リポポリサッカリド)処理または未処理の場合でも活性酸素が減少していた。水素を体内に入れた際の副作用は特にないため今後、気管支肺異形成(BDP)の有望な治療法になるといえる。

気管支肺異形成症(BPD / Bronchopulmonary dysplasia)

未熟児における慢性肺損傷。新生児に多く呼吸困難な症状が続く。生後、1ヵ月以上続く場合、気管支肺異形成症(BPD)として分類される。

LPS(リポポリサッカリド)

脂質や多糖からなる物質(糖脂質)。人間や動物などの細胞に作用すると何かしらの生物反応を起こす化合物

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飲用直前の水素濃度はどのくらい?
アクリファイ

ピックアップ記事

  1. 携帯用水素水生成器
  2. 『水素で治療、効果いかに』 2016年4月9日 毎日新聞
  3. 購入を考えている商品の水素濃度は本当!?
  4. 水素水を飲みすぎると『下痢』になる
  5. 20160511-21557
PAGE TOP