『パーキンソン病』の予防に関する論文

『アトピー性皮膚炎』の改善に関する論文2

学術雑誌名:Evid Based Complement Alternat Med. 2013;2013:538673. doi: 10.1155/2013/538673. Epub 2013 Nov 20.

アトピー性皮膚炎を誘発されたモデルマウスが水素水を飲用し、痒みを増幅させる炎症サイトカインの減少を確認した論文になります。
※日本語訳はページ下部に記載しています。

The Drinking Effect of Hydrogen Water on Atopic Dermatitis Induced by Dermatophagoides farinae Allergen in NC/Nga Mice.

Department of Environmental Medical Biology, Wonju College of Medicine, Yonsei University, Wonju, Gangwon 220-701, Republic of Korea.

■Abstract
Hydrogen water (HW) produced by electrolysis of water has characteristics of extremely low oxidation-reduction potential (ORP) value and high dissolved hydrogen (DH). It has been proved to have various beneficial effects including antioxidant and anti-inflammatory effects; however, HW effect on atopic dermatitis (AD), an inflammatory skin disorder, is poorly documented. In the present study, we examined the immunological effect of drinking HW on Dermatophagoides farinae-induced AD-like skin in NC/Nga mice.

Mice were administered with HW and purified water (PW) for 25 days. We evaluated the serum concentration of pro-inflammatory (TNF- α ), Th1 (IFN- γ , IL-2, and IL-12p70), Th2 (IL-4, IL-5, and IL-10), and cytokine expressed by both subsets (GM-CSF) to assess their possible relationship to the severity of AD. The serum levels of cytokines such as IL-10, TNF- α , IL-12p70, and GM-CSF of mice administered with HW was significantly reduced as compared to PW group. The results suggest that HW affects allergic contact dermatitis through modulation of Th1 and Th2 responses in NC/Nga mice. This is the first note on the drinking effect of HW on AD, clinically implying a promising potential remedy for treatment of AD.

引用:Evid Based Complement Alternat Med. 2013;2013:538673. doi: 10.1155/2013/538673. Epub 2013 Nov 20.

日本語要約

コナヒョウヒダニアレルギーにより誘発されたアトピー性皮膚炎モデルマウスへの水素水の飲用効果。
※コナヒョウヒダニ・・・アレルギー症状を悪化させるダニ

延世大学 原州医科大学

■要約
水の電気分解方式により生成した水素水は、高濃度な水素分子の溶存と非常に低い酸化還元電位(ORP)の特徴がある。このような水素水は抗酸化作用及び抗炎症作用があり様々な効果を持つことが判明しているが、アトピー性皮膚炎症(炎症性皮膚疾患)に対する水素の影響はまだ十分に文書化されていない。そのためコナヒョウヒダニアレルギーにより誘発されたアトピー性皮膚炎モデルマウスへ水素水の飲用をさせ免疫学的効果を調査した。

アトピー性皮膚炎症のモデルマウスは、水素水及び純粋な水を25日間にわたり飲用。そしてアトピー性皮膚炎症(AD)の酷さと水素水飲用の関係性を評価するために、サイトカイン発現の血清濃度、Th1サイトカイン、Th2サイトカインを共に調査。水素水を飲用したマウスモデルグループは、純粋な水を飲用したマウスモデルグループより炎症サイトカインの血清レベルは有意に減少していた。結果として、アトピー性皮膚炎モデルマウスが水素水を飲用した場合、Th1サイトカイン、Th2サイトカイン反応の調節がアレルギー性接触皮膚炎に影響を与えることが分かった。これらは、水素水を飲用することで臨床的にアトピー性皮膚炎を治療できる可能性があることを意味している。

⇒水素水風呂でアトピー性皮膚炎が改善

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飲用直前の水素濃度はどのくらい?
アクリファイ

ピックアップ記事

  1. 携帯用水素水生成器
  2. 『水素で治療、効果いかに』 2016年4月9日 毎日新聞
  3. 購入を考えている商品の水素濃度は本当!?
  4. 水素水を飲みすぎると『下痢』になる
  5. 20160511-21557
PAGE TOP