『パーキンソン病』の予防に関する論文

『アトピー性皮膚炎』の改善に関する論文

学術雑誌名:Biol.Pharm.Bull.37(9)1480-1485(2014)

水素水で酸化ストレス、免疫不均衡により引き起こされるアトピー性皮膚炎(AD)の症状を改善確認できた論文になります。
※日本語訳はページ下部に記載しています。

Positive Effects of hydrogen water on 2,4-dinitrochlorobenzene-induced atopic dermatitis in NC/Nga mice.
Yoon YS1, Sajo ME, Ignacio RM, Kim SK, Kim CS, Lee KJ.

Department of Environmental Medical Biology, Wonju College of Medicine, Yonsei University.
Abstract Atopic dermatitis (AD) is a chronically relapsing, pruritic, eczematous skin disorder accompanying allergic inflammation.
AD is triggered by oxidative stress and immune imbalance. In the present study, we investigated the effect of drinking hydrogen water (HW) on 2,4-dinitrochlorobenzene (DNCB)-induced atopic dermatitis in NC/Nga mice and found that HW ameliorated DNCB-induced AD-like clinical symptoms.

In line with this, the level of reactive oxygen species in the HW group was significantly inhibited compared with that in the purified water (PW)group.

In parallel, HW enhanced glutathione peroxidase activity in DNCB-induced AD as compared with the PW group.
Accordingly, the levels of thymus and activation-regulated chemokine and cytokines were significantly decreased in the HW group compared with the PW group.

Notably, the levels of Th2 cytokine, interleukin-5 (IL-5), and proinflammatory cytokines such as tumor necrosis factor-α and IL-6 in HW-fed mice were significantly lower than in control and PW-fed mice.

The total serum immunoglobulin E level was also markedly reduced in the HW group.
The collective results indicate that HW suppresses DNCB-induced AD in NC/Nga mice via redox balance and immune modulation and could be a safe clinical fluid treatment for AD. 引用:Biol Pharm Bull. 2014;37(9):1480-5.

日本語要約

NC/Ngaマウスにおける2,4-ジニトロクロロベンゼンよって誘発されたアトピー性皮膚炎に対する水素水の効果。
原州大学 環境医学生物学科、延世大学

■ 抽象
一般的にアトピー性皮膚炎(AD)は、アレルギー性炎症を併発している慢性的に再発性、かゆみを伴う、湿疹性皮膚疾患のことを言う。

アトピー性皮膚炎(AD)は、酸化性ストレスと免疫バランスの不均衝によって引き起こされます。本研究においてNC/Ngaマウスにアトピー性皮膚炎を誘発し、電気分解で生成した水素水を飲水投与し、臨床症状が改善したことが分かった。

水素水を投与したマウスの反応性酸素種レベルは精製水(PW)を投与したマウスに比べ抑制されていたことが分かった。
特に、水素水を投与したマウスにおける腫瘍壊死因子αおよびIL-6などのTh2サイトカイン、インターロイキン5(IL-5)、および炎症性サイトカインのレベルは、対照としした精製水(PW)を投与したマウスよりも有意に低かった。

全体の血清免疫グロブリンE濃度は、水素水を投与したグループで著しく減少した。総合的な結果、水素水を投与したマウスがレドックス・バランスと免疫修飾によってNC/NgaマウスでDNCBによって誘発されたアトピー性皮膚炎(AD)の症状を抑制、治療に効果があることが示された。

⇒その他の『アトピー性皮膚炎』の改善に関する論文

⇒水素水風呂でアトピー性皮膚炎が改善

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飲用直前の水素濃度はどのくらい?
アクリファイ

ピックアップ記事

  1. 携帯用水素水生成器
  2. 『水素で治療、効果いかに』 2016年4月9日 毎日新聞
  3. 購入を考えている商品の水素濃度は本当!?
  4. 水素水を飲みすぎると『下痢』になる
  5. 20160511-21557
PAGE TOP