『パーキンソン病』の予防に関する論文

『動脈硬化』の予防に関する論文

学術雑誌名:Biochem Biophys Res Commun. 2008 Dec 26;377(4):1195-8. doi: 10.1016/j.bbrc.2008.10.156. Epub 2008 Nov 6.

マウス実験ではあるが、水素水を摂取することで酸化ストレスを減少させ
動脈硬化を防ぐ可能性があることを確認した論文になります。
※日本語訳はページ下部に記載しています。

Consumption of hydrogen water prevents atherosclerosis in apolipoprotein E knockout mice.

Department of Biochemistry and Cell Biology, Institute of Development and Aging Sciences, Nippon Medical School, 1-396 Kosugi-cho, Nakahara-ku, Kawasaki, Kanagawa 211-8533, Japan.

■Abstract

Oxidative stress is implicated in atherogenesis; however most clinical trials with dietary antioxidants failed to show marked success in preventing atherosclerotic diseases. We have found that hydrogen (dihydrogen; H(2)) acts as an effective antioxidant to reduce oxidative stress [I. Ohsawa, M. Ishikawa, K. Takahashi, M. Watanabe, K. Nishimaki, K. Yamagata, K. Katsura, Y. Katayama, S, Asoh, S. Ohta, Hydrogen acts as a therapeutic antioxidant by selectively reducing cytotoxic oxygen radicals, Nat. Med. 13 (2007) 688-694]. Here, we investigated whether drinking H(2)-dissolved water at a saturated level (H(2)-water) ad libitum prevents arteriosclerosis using an apolipoprotein E knockout mouse (apoE(-/-)), a model of the spontaneous development of atherosclerosis. ApoE(-/-) mice drank H(2)-water ad libitum from 2 to 6 month old throughout the whole period. Atherosclerotic lesions were significantly reduced by ad libitum drinking of H(2)-water (p=0.0069) as judged by Oil-Red-O staining series of sections of aorta. The oxidative stress level of aorta was decreased. Accumulation of macrophages in atherosclerotic lesions was confirmed. Thus, consumption of H(2)-dissolved water has the potential to prevent arteriosclerosis.
引用:Biochem Biophys Res Commun. 2008 Dec 26;377(4):1195-8. doi: 10.1016/j.bbrc.2008.10.156. Epub 2008 Nov 6.

日本語要約

水素水の摂取は、アポリポタンパク質Eノックアウトマウス(アテローム性動脈硬化症動物モデル)におけるアテローム性動脈硬化症を防ぐ可能性がある。

日本医科大学大学 院医学研究科

アテローム性動脈硬化症の原因に酸化ストレスが大きく関係している。しかし日々の食事で抗酸化物質を摂取してもアテローム性動脈硬化症を防止できたという報告はありませんが、水素分子は酸化ストレスを除去することができる抗酸化物質であると確認できた。

本研究では、アポリポタンパク質Eノックアウトマウス(アテローム性動脈硬化症動物モデル)を使用して、水素水を摂取することでアテローム性動脈硬化症を防ぐことができるかを実証した。モデルマウスへ2ヵ月~6ヵ月間、毎日水素水の摂取を行ったところ、アテローム性動脈硬化症が減少したことを確認。同時に大動脈の酸化ストレスレベルも減少したことと、アテローム硬化性障害のマクロファージの蓄積を確認した。したがって水素水を摂取することで、アテローム性動脈硬化症を防ぐ可能性があることが判明した。

アテローム性動脈硬化症とは

アテローム性動脈硬化症は高血圧、糖尿病、喫煙、運動不足、肥満等生活習慣病の異常などが中心として起きる症状。初期段階ではほとんど自覚症状はないが、脳梗塞や心筋梗塞などの原因となる疾病と言われています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飲用直前の水素濃度はどのくらい?
アクリファイ

ピックアップ記事

  1. 携帯用水素水生成器
  2. 『水素で治療、効果いかに』 2016年4月9日 毎日新聞
  3. 購入を考えている商品の水素濃度は本当!?
  4. 水素水を飲みすぎると『下痢』になる
  5. 20160511-21557
PAGE TOP