333

誰もが気になる『加齢臭』を抑える

若い頃は気にならなかったのに年齢を重ねると体の臭いが気になる方も多いでしょう。
そんな方には、活性酸素を除去して加齢臭を抑える効果がある水素水の飲用がオススメです。

加齢臭が発生する理由

加齢臭は皮膚の表面で脂肪酸(※1)が悪玉活性酸素によって酸化されることが原因です。酸化されることで過酸化脂質という物質に変化し皮脂腺で酸化したり、細菌により分解されてくさい臭いの元になります。タバコの喫煙、大量のアルコール摂取、運動不足、ストレス、脂っこい食べ物に偏った食生活などの生活習慣が引き起こす場合が多いです。

(※1)脂肪酸とは 脂肪酸は脂質を構成する成分で、食品中の脂肪の9割が脂肪酸でできています。
肉の脂肪、牛乳の脂肪、魚の油、植物油などのほとんど成分は脂肪

年齢を重ねると加齢臭が発生しやすくなりますが、「脂肪が多い人は加齢臭が強く」「適度な運動をしている人は加齢臭が少ない」という傾向があります。

ストレスは『臭い体臭』の原因を作る

人間はストレスを感じると、体内で副賢皮質ホルモンが分泌されるようになっています。
このホルモンが分泌、分解される過程で活性酸素が発生し脂が腐ったような体臭の元を作りだします。

女性の方も20代後半からは要注意!

女性の特徴として、20代後半になると女性ホルモンの分泌量が減少し始め、皮脂腺から分泌される9-ヘキサデセン酸の分泌量が多くなります。この9-ヘキサデセン酸が活性酸素により酸化・皮膚上の菌により分解されることで、ノネナール(加齢臭の主成分)が増加し始めます。9-ヘキサデセン酸の生成を抑えることはできません。そのため生活習慣の見直しや活性酸素の働きを抑えることが悪臭を取り除く最善の方法になります。

『水素水で活性酸素を除去』と『生活習慣の見直し』で加齢臭を防げます

加齢臭を防ぐ対策として下記が挙げられます。

対策①:日常生活に『水素水』を取り入れ抗酸化力を高める

水素水を飲むことで悪玉活性酸素を体外へ除去し酸化が原因で発生する嫌な臭いを抑えることができます。

対策②:生活習慣を見直す

脂っこい食べ物に偏った食生活を改め、適度な有酸素運動で汗をかくことで体臭改善に繋がるので要注意。有酸素運動をまったくしない人はアンモニアが分泌された臭い汗をかきやすい体質になります。また運動不足になると少し体を動かしただけで汗がでるようになり、このときの汗もアンモニアが分泌されたアルカリ性が強く雑菌の繁殖しやすい臭い汗になります。そのため運動不足で肥満の方は要注意です。適度な有酸素運動を行っている人はかく汗は水に近い酸性の成分で皮膚の上で雑菌が繁殖しづらいためくさい臭いがしにくい性質になります。

対策③:毎日20分程度、入浴する

シャワーで体を洗うだけでなく毎日20分程度、入浴して適度な汗をかくことで体臭改善になります。また水素風呂に入ることで発汗作用が向上するので、なかなか有酸素運動ができない方にはオススメです。水素が皮膚を通り抜けて体内に入ることで、全身に水素分子が行きわたり体内の活性酸素の除去、血流改善、発汗作用効果が上がり血液もサラサラになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飲用直前の水素濃度はどのくらい?
アクリファイ

ピックアップ記事

  1. 携帯用水素水生成器
  2. 『水素で治療、効果いかに』 2016年4月9日 毎日新聞
  3. 購入を考えている商品の水素濃度は本当!?
  4. 水素水を飲みすぎると『下痢』になる
  5. 20160511-21557
PAGE TOP