666-830x447

水素水を飲んで『高血圧』を改善!

水素水の飲用で、高血圧を予防することができます

高血圧になる原因の1つとして、悪玉活性酸素が体内の不飽和脂肪酸と結びつき、ドロドロと血管にこびりつく過酸化脂質に変化して血管を圧迫することが挙げられます。過酸化脂質は臓器や細胞の外側から内部に向かって浸透し、細胞を傷つけ破壊する働きをします。この働きを防ぐために水素水を飲用することが大切なのです。

水素分子を体内に取り入れることで、悪玉活性酸素が不飽和脂肪酸と結びつく前に悪玉活性酸素と結合し無害な水に変化させます。その結果、過酸化脂質が新たに生まれることなく血管が圧迫されずに高血圧を防げるのです。

●不飽和脂肪酸

オリーブ油、ゴマ油などの植物油に多く含まれている脂質。常温で固まりにくく体内で液体であるというのが特徴であり、血中の中性脂肪やコレステロール値を調節する役割を担っています。

●過酸化脂質

中性脂肪やコレステロールなどの脂質が悪玉活性酸素により酸化されたもの。

水素を含んだ透析液で高血圧が改善!

日本国内で腎臓病の進行により人工透析を受ける患者は約28万人いると言われています。
高血圧などが悪化し心臓病などを併発するケースの多く、合併症により死者は年間で約2万人以上とも言われています。

透析患者の合併症として問題になっている高血圧や動脈硬化などを改善させるため、水素を含んだ透析液で透析を行う『電解浸透水生成器』が東北大大学院医学系研究科先進統合腎臓科学コアセンターの研究グループにより開発され研究結果も発表されています。

2010年に東京大学で研究結果を発表

2010年10月に東北大大学院医学系研究科先進統合腎臓科学コアセンターの中山副コアセンター長と伊藤コアセンター長らの研究グループが、東京大学で『電解浸透生成器』を利用した場合、病状が改善された研究結果を発表しました。

発表された研究内容

2007年7月~2009年9月末にかけて、福島県内などの医療機関3箇所で、高血圧の症状のある透析患者21人を対象に臨床試験を実施。 透析後の血圧が正常値を示した患者は、試験前の20%から試験後は60%に改善。透析後に見られた疲労感やかゆみなどの症状にも改善が確認され、従来の薬剤治療より副作用は少なく安全で効果的な対症療法だということが証明されました。

⇒ 水素を含んだ透析水での治療で、『高血圧』『炎症』『酸化ストレス』の改善が認められた研究報告

高血圧リスクを低下させる野菜と果物

アメリカのハーバード大学医学部ブリガムアンドウィメンズ病院の研究チームは、週4回以上、食べると高血圧の発症リスクが低下する野菜や果物を発表しています。研究内容は、アメリカで実施された看護師、医療従事者を対象に追跡調査を行い約18万人のデータを分析。長期間の野菜、果物摂取量高血圧、高血圧症リスクの関係を調査。

ニンジン・ブロッコリー・レーズン・大豆食品(豆腐など)・リンゴを週4回以上、食べる!

肉類などではなく野菜や果物を主体とした料理を1日1品、週4日以上食べる習慣がある人は、これらの食事を行わない人と比べると高血圧、高血圧症リスクが8%低下し、品数や摂取する回数が増えるほどそのリスクが低下することが判明。また食品ごとに細かく分析したところ、ニンジン・ブロッコリー・レーズン・大豆食品(豆腐など)・リンゴを週4回以上食べている人のリスク低下が大きいことも分かった。

水素水の飲用と合わせて、これらの野菜や果物の食べることを習慣にしてぜひ高血圧を予防しましょう。

【ソース元(参考文献)】
Fruit and Vegetable Consumption and the Incidence of Hypertension in Three Prospective Cohort Studies.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飲用直前の水素濃度はどのくらい?
アクリファイ

ピックアップ記事

  1. 携帯用水素水生成器
  2. 『水素で治療、効果いかに』 2016年4月9日 毎日新聞
  3. 購入を考えている商品の水素濃度は本当!?
  4. 水素水を飲みすぎると『下痢』になる
  5. 20160511-21557
PAGE TOP