666-830x447-830x447

『白髪対策』に水素水の飲用をオススメ!

『白髪』の元凶は活性酸素!

白髪や薄毛の原因の1つは活性酸素の発生が挙げられます。そのため活性酸素を協力に還元(除去)できる水素を体内に取り入れることが白髪対策につながります。また老廃物を体外へ排泄する働きをする『腎臓』を水素水でケアすることでも白髪対策が可能です。

黒髪が生成されるメカニズム

髪の毛は『毛母細胞』で元々、色がついていない白い髪の状態で生成されています。その後、毛根の『色素幹細胞』が黒く染める染色活動を行うことで黒髪として生えてきます。

●『毛母細胞』

毛乳頭周辺にある細胞組織で、毛乳頭から栄養を受けて細胞分裂し、髪の毛を生成する。

●『色素幹細胞』

毛髪に色をつける色素細胞(メラノサイト)のモトとなるもの。

白髪が生成されるメカニズム

体内に発生する活性酸素が持つ酸化作用で、メラノサイトのモトとなる『色素幹細胞』が傷つけられ染色活動が低下し、黒く染まらず白髪として生えてくるのです。 髪の毛の色は、メラノサイト(色素細胞)で生成されるメラニンの量によって決まります。メラニンの量が多くなれば黒い髪の毛になり、メラニンの量が少なくなれば白い髪の毛になります。また年齢を重ねると成長ホルモンの分泌量が低下し、同時にメラニンの生成量も減少するため白髪になりやすくなるのです。

『腎臓』の機能低下が、『白髪』を増加させる

腎臓の活動の中には、下記の役割があります。

●血液中の老廃物を体外へ追い出し体の中を綺麗にする

血液をろ過して、老廃物や塩分を尿として体の外へ追い出し綺麗にします。

●髪の毛の色素をつくるメラニンの働きをサポートする

腎臓の働きが正常な場合、メラニンの働きを活発して黒髪の生成をサポートします。

『腎臓』の機能が低下すると・・・

血液中の老廃物体外へ追い出す排泄機能が低下して血液が汚れた状態になることで、血行不良につながり頭皮へ十分な栄養が届かなくなります。これは薄毛の原因にもつながります。またカルシウムを吸収する働きも弱くなるため、髪の毛の色素を生成するメラニンの働きも低下します。

『水素水』で効果的な『白髪対策』を行う

水素水が白髪対策になる理由に、下記が挙げられます。

[効果①] 水素水で体内から『活性酸素』を除去

水素が持つ人体にやさしい抗酸化作用で、人体に必要な善玉活性酸素は残し、病気や老化の原因となる酸化力の強い悪玉活性酸素のみを体外へ排出する。悪玉活性酸素が体外へ除去されることで、毛髪に色をつける色素細胞(メラノサイト)が傷つかず髪の毛への染色活動が正常に行われ、黒く染まった髪の毛が生えてくるようになります。

[効果②] 水素水で『腎臓』の働きをサポート

水素水は、老廃物の排泄機能を持つ腎臓の機能を高める作用があります。 水素が体内に入ると、汗や尿、便の排泄がスムーズに行われるようになるからです。 水素水を飲用すると、『トイレに行く回数が増えた』、『むくみが気にならなくなった』、『便秘が解消した』 などの効果を実感している方も多いですが、これは腎臓の機能を高くなっているからです。 尿には老廃物や毒素の量が多く含まれています。そのため腎臓に長時間溜めておくと負担がかかるので、できるだけ早く体外へ排出させることをオススメします。

白髪が多い人は薄毛になりにくいの?

『白髪が多い人は薄毛になりにくい』といった噂を一度は、耳にしたことがあると思いますがこれはウソです。 薄毛の人でも黒髪はほとんどなく、白髪だけの人もたくさんいます。 生えてくる髪の毛が黒髪から白髪に変化しているということは、頭皮への血行不良やメラニンの染色活動の低下が起きて正常な髪の毛の生成が行われていないことが表面化されている状態です。 ※頭皮への血行不良は薄毛へ直結します。

一度、白髪になると黒髪には戻りづらくなります。そのため白髪が気になりだしたら、『白髪』だけでなく『育毛』のことも考え早めに対策を行うことが早期解決につながります。

⇒ 水素水は『薄毛・育毛対策』の強い味方

⇒ 男性はもちろん女性にも朗報!加齢からくる薄毛の原因を水素がサポート?!

⇒ 水素水で髪を『美しくヘアケア』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飲用直前の水素濃度はどのくらい?
アクリファイ

ピックアップ記事

  1. 携帯用水素水生成器
  2. 『水素で治療、効果いかに』 2016年4月9日 毎日新聞
  3. 購入を考えている商品の水素濃度は本当!?
  4. 水素水を飲みすぎると『下痢』になる
  5. 20160511-21557
PAGE TOP