bg_1_diver_head

『ダイバーの健康問題』を改善する水素水

◆ダイバーの現状

ダイビングを仕事としているダイバーは、海の中にいる時間が長いことが理由で健康被害を受けることが多々あります。 そのため、健康問題を抱えたダイビングインストラクターが病院に通うことを少ないようです。 そんなダイバーが抱える大きな健康問題の中に活性酸素が多く発生してしまうことがあげられます。

◆活性酸素が与えるマイナス影響

活性酸素は、体に侵入した細菌を撃退するために白血球から放出されるものです。 しかし、ヒトの細胞の外側にある細胞膜は、不飽和脂肪酸という油で出来ており、不飽和脂肪酸と活性酸素が結合することで、酸化して過酸化脂質となるため、老化の原因となってしまいます。 その老化が影響し、「肝臓機能の低下」「しみ・そばかすの増加」「血管が詰まる」といった健康問題を引き起こしてしまいます。

◆ダイバーと活性酸素

ダイバーは、活性酸素が増えやすい環境にいます。 その大きな原因として強烈な紫外線による日焼けがあげられます。 日焼は、肌が痛みしみ・そばかすが増えるだけでなく、メラノーマ(悪性黒色腫)いわゆる「ほくろのがん」に可能性が非常に高くなります。 そして、水圧が高い水中で運動しながら、ボンベの中から濃度の高い空気を体内に送り込むため、体内の活性酸素も地上にいるよりも多く発生してしまいます。 時には、潜水病にかかり、治療法によっては活性酸素を大量に発生する治療をしなければいけないこともあります。 そのため、ダイバーは通常の人よりも生活習慣病になりやすいとも言われています。

◆ダイバーにうれしい実験結果

しかし、活性酸素は水素で抑制できる実験結果が発表されることが増えてきています。 例えば、2007年5月の朝日新聞の発表ですが、日本医科大教授らが、「体内の活性酸素を水素が除去する」と細胞や動物の実験で確認したそうです。 すでにダイバーの中には、高血圧や糖尿病などの健康問題を改善するために、水素水を飲む習慣をつけている人も増え始めているようです。 飲む人によって、効果は異なると思いますが、活性酸素を抑制するために、水素水で水素を吸収するダイバーが、今後もさらに増えると思われます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飲用直前の水素濃度はどのくらい?
アクリファイ

ピックアップ記事

  1. 携帯用水素水生成器
  2. 『水素で治療、効果いかに』 2016年4月9日 毎日新聞
  3. 購入を考えている商品の水素濃度は本当!?
  4. 水素水を飲みすぎると『下痢』になる
  5. 20160511-21557
PAGE TOP