444

脂肪を燃やす体質にチェンジ!『ダイエット効果』が期待できます。

水素水の飲用はダイエットにも効果的

水素分子を体内に入れるとエネルギー代謝が活発になり、脂肪を燃やす体質に変化します。体内で脂肪を燃やすのは働きをするのはミトコンドリアで、水素水を飲むことでその脂肪を燃やす酵素が増加し、さらにエネルギー代謝を活発にするホルモンを増やす作用もあることがマウス実験で確認されています。ホルモン分泌はエネルギー代謝をよくするだけでなく、糖尿病の原因のひとつであるインスリンが効かなくなる状態の改善にも効果があります。

水素水の飲用で、悪玉コレステロール(LDLコレステロール)が減少する

肥満やメタボリックシンドロームの原因となるドロドロの血液は活性酸素が関係しています。 水素水は血液をサラサラにし代謝を促進する効果があるので、脂質を燃やす酵素を増やし、内臓脂肪を減らす働きもあります。

1日1ℓ×10週間の飲用で、悪玉コレステロール値が減少

20150721-173015
(フッティ8月号/2014年6月発売)から画像を引用

潜在的なメタボリックシンドローム症候群とされた20人に対し、1日1ℓ×10週間の水素水を飲用する実験を行ったところ実験前後で比較すると悪玉コレステロール(LDLコレステロール)の平均値が約20%も減少した。

水素水の飲用は肥満対策に有効!!(日本医科大学の実験結果)

日本医科大学のチームが、マウスで水素水を飲ませた実験の結果を、論文で発表しました。 満腹中枢が正常に働かないマウス(満腹中枢が働かないため、食事量が増え体重増加が進んでいる)を使用して実験。水素水を飲用するマウスグループと普通の水を飲用するマウスグループの2つに分けて効果を測定。結果、水素水を飲用したマウスグループの体重増はなかったが、普通の水を飲用したマウスグループの体重は増え続けた。またCTスキャンした結果、水素水を飲用したグループは、内臓脂肪・皮下脂肪も少なく、インスリンや血中の中性脂肪も少ないことが明らかになりました。

メタボリックシンドロームにも効果的

水素は抗酸化作用の他にも体質改善効果があることが注目されています。体質改善効果とは、水素が細胞に合図を送って健康になるように促進することです。そのひとつに脂肪が燃焼しやすい身体にしてくれる効果があります。高血圧、高脂血症、動脈硬化は水素水を飲むことで改善する人が多いのでメタボリックシンドロームの方にはおすすめです。 ただ水素水商品の販売ホームページなどに『水素水を飲んで10キロやせた』などのお客様の声を掲載している販売業者がいますが、水素水を飲み続けただけで10キロやせることはまずありえません。適度な運動とセットで水素水を飲むことで脂肪の燃焼率が格段にアップするのです。

水素が痩せやすい体質へと導くメカニズム

①水素で遺伝子のスイッチをONにする

脂肪を燃やすためのタンパク質を産生させる遺伝子スイッチをonにします。 効果は約1日持続します。

②エネルギー代謝を活発にするホルモンの分泌を促進

肝臓からエネルギー代謝を上げるホルモンが分泌を促進。 インスリンの効果も上げて糖尿病の予防にも効果的。

③脂肪を燃やすミトコンドリアの働きを活性化

人間の体を形成する約60兆個の細胞すべてに存在して、 脂肪を燃やす働きがあるミトコンドリアを活性化させます。

④痩せやすい体質に・・・

ミトコンドリアが脂肪を燃やす際に必要な酵素も増加させて、 燃焼しやすい状態をつくり痩せやすい体質になります。

水素水風呂で発汗作用をアップさせる

水素分子を発生させて水素水風呂に入ることで発汗作用がアップします。水素が皮膚を通り抜けて体内に入ると血流が良くなり体が芯から温まります。その結果、発汗作用が向上し脂肪の燃焼アップと血液がサラサラになる効果が見込めます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飲用直前の水素濃度はどのくらい?
アクリファイ

ピックアップ記事

  1. 携帯用水素水生成器
  2. 『水素で治療、効果いかに』 2016年4月9日 毎日新聞
  3. 購入を考えている商品の水素濃度は本当!?
  4. 水素水を飲みすぎると『下痢』になる
  5. 20160511-21557
PAGE TOP