666-830x447

『血糖値対策』に水素水!

血糖値対策の1つに水素水を飲用することをオススメします

血糖値対策を行う上で大切なことは、水素水を飲用し体内から悪玉活性酸素を除去して膵臓(すいぞう)を守ることです。

膵臓(すいぞう)を守ること=血糖値対策

膵臓(すいぞう)はインスリンを作り、エネルギーを生成するブドウ糖を細胞に運ぶ働きをします。膵臓(すいぞう)は悪玉活性酸素に弱いという特性があり、悪玉活性酸素からダメージを受けるとインスリンを正常に生成することが出来なくなります。その結果、ブドウ糖があてもなく血液中を彷徨い血糖値が上昇してしまうのです。

水素が膵臓(すいぞう)を守ります!

膵臓(すいぞう)が正常に働けるようにするには水素を体内に取り入れることが必要です。水素が悪玉活性酸素と結び付き、膵臓(すいぞう)を守ることでインスリンが正常に生成される環境になり血糖値の上昇を防ぐことができます。

血糖値が上がる食生活には要注意!

「水素水を飲んで体内の悪玉活性酸素を除去しているから大丈夫!」といってお酒の量を増やし膵臓(すいぞう)に負担をかけていては意味がありません。適度な量のアルコール摂取で膵臓(すいぞう)に負担をかけず血糖値対策を行いましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飲用直前の水素濃度はどのくらい?
アクリファイ

ピックアップ記事

  1. 携帯用水素水生成器
  2. 『水素で治療、効果いかに』 2016年4月9日 毎日新聞
  3. 購入を考えている商品の水素濃度は本当!?
  4. 水素水を飲みすぎると『下痢』になる
  5. 20160511-21557
PAGE TOP