888

40歳になったら『水素水』は必需品!

加齢とともに体内のSOD酵素(抗酸化酵素)が低下し、老化現象が進行。

人間は40歳を目途に体内の免疫力が低下すると言われています。 その理由はSOD酵素の低下が関係しいてます。また加齢にともなう皮膚の水分量の減少は、免疫力を低下させる大きな要因の一つです。皮膚は外界からの異物侵入を防ぐ、自然免疫にとって重要なバリアであり、水分が失われると細胞間のすき間が広がり、異物が侵入しやすくなります。

SOD酵素(抗酸化酵素)は40歳から急激に低下する

人間の体内にはSOD(スーパーオキシドディスムターゼ))酵素が備わっています。 通常、体内で発生した悪玉活性酸素はSOD酵素が体外へ除去するのですが、約40歳を目途にSOD酵素を生成するチカラが急激に低下します。体内からSOD酵素が減少することで悪玉活性酸素が増加し生活習慣病の進行や老化現象が進みます。悪玉活性酸素を除去することは老化現象の進行だけでなく寿命にも大きく影響します。医療機関の研究結果で老化は遺伝的な要因が25%、環境的な要因が75%で老化のスピードは環境や生活習慣により大きく変わることが分かっています。

⇒生きている限り『活性酸素』は発生する

同じ遺伝子を持つ双子でも寿命は異なる

同じ遺伝子を持つ双子を長年、研究して分かったことは『生活習慣により老化スピードは劇的に変化する』ことだったそうです。生活習慣、環境が違うことで外見も10歳ぐらい変化がでる研究結果もでています。

SOD酵素(抗酸化酵素)の役割を水素が行う

悪玉活性酸素の増加を抑えるには水素を体内に取り入れることで解消できるので、水素水の飲用を生活に取り入れるなどして老化現象はもちろん病気の進行も抑えいつまでも健康的なカラダ作りをしましょう。

水素を取り入れることで『平均寿命』が延びる!?

まだマウス実験の段階の話ですが、水素水を飲み続けることで平均寿命が延びることがわかっています。 人間の最大寿命は、遺伝子プログラム説では120歳だと考えられており水素で細胞が活性化され続ければ、限界年齢に多くの人が近づける時代が来るとも考えられています。

⇒最新医療現場で水素が活躍!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飲用直前の水素濃度はどのくらい?
アクリファイ

ピックアップ記事

  1. 携帯用水素水生成器
  2. 『水素で治療、効果いかに』 2016年4月9日 毎日新聞
  3. 購入を考えている商品の水素濃度は本当!?
  4. 水素水を飲みすぎると『下痢』になる
  5. 20160511-21557
PAGE TOP