2221

『水素』と『ミトコンドリア』と『活性酸素』

水素とミトコンドリアと活性酸素

水素は病気の原因となる活性酸素を除去する効果があるということが分かってから注目を浴びました。 この活性酸素は人間が生きる上で必要なエネルギーを作り出すミトコンドリアと密接に関係しています。

生物が生きる上で必要なミトコンドリア

ミトコンドリアという言葉を聞いたことがあってもどのような役割をしているかよく分からない方もいるかと思います。ミトコンドリアとは人間が生きるために必要なエネルギーを作る役割を担っている細胞内構造物の一つです。呼吸によって得た酸素と食事から得た栄養素を反応させて電気エネルギーを生み出し、生きていくうえで必要なエネルギーを作っているのです。人間だけでなくほとんどすべての生物の細胞に含まれています。

ランニングをしていると最初は走るのが辛くても徐々に慣れてきて辛くなくなってきます。これは運動を続けることで身体の中にミトコンドリアが増えエネルギー代謝が向上し酸素を有効に使えるように身体が慣れるからです。

ミトコンドリアの特徴をよく理解する

ミトコンドリアの特徴として、常に必要なエネルギーを作っているわけではなく必要な量のみ生成します。そのため生物は生きていく上で必要なエネルギー量を作るために最低限のミトコンドリアしか持つことができないのです。年齢を重ねたり身体を動かさない時間が長く続くと、状態に適応してミトコンドリアの数が減ります。また生きる上で必要なエネルギーを生成する際に副産物として活性酸素が発生します。

『質が良いミトコンドリア』と『質の悪いミトコンドリア』

ミトコンドリアには効率良くエネルギーを作り出すことができて悪玉活性酸素をあまり発生させない『質の良いミトコンドリア』とエネルギー効率が悪くて悪玉活性酸素をたくさん発生させる『質の悪いミトコンドリア』の2種類があります。年齢を重ねたり規則正しい生活習慣を送らないと『質の悪いミトコンドリア』は増加します。

若さや健康を保つには『質の良いミトコンドリア』を増やしましょう

ミトコンドリアの質やが低下したり量が少なくなると、エネルギーが不足して遺伝子の修復作業システムが正常に機能しなくなったり免疫力が低下し身体が弱くなります。いつまでも健康でいるために『質の良いミトコンドリア』を体内に増やすためには、体にエネルギーが必要だとミトコンドリアに判断させることが必要になります。

『質の良いミトコンドリア』を増やすには?

[1]体に負担がかかる程度の有酸素運動(30分~1時間程度のランニングなど)

人を対象とした臨床実験の結果、1日に2時間程度の運動を1週間続けるとミトコンドリアの量が30%程度増えるそうです。

[2]体に空腹を感じさせる

[3]体に寒さを感じさせる

体が寒さを感じると『エネルギーが必要』だと判断し、ミトコンドリアが増えます。

『水素』と『質の良いミトコンドリア』でいつまでも若々しく健康に

体内に『水素』を摂取することで病気の原因物質である悪玉活性酸素を除去し、『質の良いミトコンドリア』の量を増やすことで老化のスピードを抑え病気を回避することにつながります。毎日の生活にぜひ水素水と適度な運動を取り入れいつまでも若々しく健康的な体を維持して下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飲用直前の水素濃度はどのくらい?
アクリファイ

ピックアップ記事

  1. 携帯用水素水生成器
  2. 『水素で治療、効果いかに』 2016年4月9日 毎日新聞
  3. 購入を考えている商品の水素濃度は本当!?
  4. 水素水を飲みすぎると『下痢』になる
  5. 20160511-21557
PAGE TOP