『加齢からくる薄毛』の原因を水素がサポート

女性も必見!『加齢からくる薄毛』の原因を水素がサポート?!

将来、薄毛になるか不安を抱えている人へ朗報です。東京医科歯科大学の研究チームより加齢からくる抜け毛や薄毛の仕組みが新たに解明されたと報道され、抜け毛や薄毛の鍵を握るのは、『コラーゲン』の減少が大きく関わっていると発表されました。

薄毛の原因というと強力な男性ホルモンが挙げられますが、この研究は加齢が原因で起こる薄毛に対しての報告です。そのため男性はもちろん女性にも関係しています。そして今回、薄毛の原因として挙げられた『コラーゲンの減少』を水素水がサポートできるかもしれません。

加齢による薄毛の原因は、『コラーゲン』が鍵を握っている!

加齢による薄毛、コラーゲン減が要因 (日本経済新聞 2016年2月5日)

年をとって毛が生えにくくなるのは、たんぱく質の一種のコラーゲンが減り、毛を生やす器官が縮小するため。

東京医科歯科大学の西村栄美教授らは、加齢にともなう毛の減少の仕組みをマウス実験で解明した。人間でも同じような現象が確認できた。コラーゲンの分解を防ぐ物質を探し出せば、毛が薄くなることを防ぐことも期待できる。研究成果は、米科学誌サイエンスに5日掲載される。

毛を生やすのは「毛包」という器官。毛包がうまく働かないと、脱毛しやすくなったり、薄毛になったりすることが分かっている。

研究チームは、毛包の基となる幹細胞が、年をとると毛包に育ちにくくなる現象に着目。マウス実験では、老化で幹細胞のDNAに傷が残り、「17型コラーゲン」を分解する酵素が多く出るようになっていた。17型コラーゲンが分解されて減少すると、毛包が小さくなることを突き止めた。

人の頭皮でも50~70代の毛包は20~30代より小さく、17型コラーゲンの量も減っていた。研究チームは、マウスと同様の仕組みが働いていると考えられるとしている。研究成果は、がんの放射線治療で髪の毛が抜けてしまう患者の治療にも役立つとみられる。 引用:日本経済新聞(2016年2月5日)

歳をとると毛が薄くなる仕組みを解明 (東京医科歯科大学プレスリリース)

東京医科歯科大学・難治疾患研究所・幹細胞医学分野の松村寛行助教、毛利泰彰特任助教、西村栄美教授らの研究グループは、加齢に伴う薄毛や脱毛の原因が、幹細胞が老化して維持できなくなりフケ・垢とともに皮膚表面から脱落していくことによるもので、その結果、毛を生やす小器官が段階的にミニチュア化(矮小化)するため薄毛・脱毛がひきおこされることをつきとめました。この研究は文部科学省科学研究費補助金の支援のもとでおこなわれたもので、その研究成果は、国際科学誌Science(サイエンス)に、2016年2月5日号に発表されました。

  薄毛の原因コラーゲン減少引用:東京医科歯科大学プレスリリース

そもそもタンパク質の一種であるコラーゲンとは何か?

コラーゲンの主な成分はゼラチンで、その中身はほぼアミノ酸で構成されています。人間の体を構成するタンパク質の3分の1はコラーゲンが占めており、内臓や血管、髪の毛や爪、肌などを形成しているすべての細胞に必要不可欠な存在です。ただ人間は年齢を重ねるとコラーゲンを生成する機能が低下し、関節に痛みが生じたり肌の潤いがなくなりシミやシワができやすくなります。

皮膚の約70%はコラーゲンで成り立っている

コラーゲンは皮膚の一部である頭皮の形成にも大きな役割を担っています。
皮膚の構造は3つ(表皮・真皮・皮下組織)の組織から成り立っています。

表皮

外部からの刺激から皮膚を守るバリア機能の役割を担っている。表皮の状態が悪化するとバリア機能が低下して、真皮へダメージが及びます。

 真皮

真皮は皮膚の大部分を占めている箇所。約70%はコラーゲンから成り立っており、神経や血管などが張り巡らされている。毛髪を生成する毛母細胞は真皮にあります。

 皮下組織  

 皮下組織には皮下脂肪があります。  下脂肪は外部からの刺激を軽減するためのクッションのような働きをしたり、断熱や保湿などの体温調整の役割があります。

東京医科歯科大学の研究チームが解明!『加齢による薄毛のメカニズム』

●年齢を重ねると薄毛になるのはなぜ? / (報道ステーション-テレビ朝日2016年2月5日放送)

毛包幹細胞(新しい毛が育つ場所でこの下部に毛母細胞、毛乳頭がある)は、髪の毛を生成する際に細胞分裂を起こし遺伝子を傷つける。年齢が若いと自ら遺伝子を修復するが、年齢を重ねると修復するため酵素に頼るようになる。

毛包幹細胞はもともとコラーゲンに保護されている環境下にあり、酵素に頼るようになるとコラーゲン(17型コラーゲン)を分解してしまう。その結果、コレーゲンの保護を失った毛包幹細胞は皮膚の表面へと追いやられて徐々に毛穴が小さくなり、垢やフケとなり皮膚から剥がれ落ちて最終的には毛穴がなくなり塞がってしまう。

●白髪対策にも期待ができる

東京医科歯科大学の研究チームは、毛包幹細胞がコラーゲン(17型コラーゲン)とタンパク質を生成していることに着目しマウスに遺伝操作を行いコラーゲン(17型コラーゲン)を生成できないようにしたところ、生後から約6ヵ月後に黒色の毛が白色に変化し10ヶ月後までにはほとんどの毛が抜けてしまった。この実験からコラーゲン(17型コラーゲン)は人間の白髪対策や脱毛の治療に応用可能だと考えられる。

●毛に関わる17型コラーゲンの摂取方法は?

残念ながら毛に関わるコラーゲン(17型コラーゲン)は、サプリメントやコラーゲンを含む食品を食べても増やすことはできない。そのためいくら摂取しても白髪や薄毛対策効果にはつながらないとのこと。

抗酸化作用がある水素水で『17型コラーゲン』の生成をサポート

『活性酸素』と『17型コラーゲン』の関係

毛穴の中にある幹細胞は、17型コラーゲンが減少すると成長が弱体化し髪の毛の量の減少や白髪の増加を引き起こします。この17型コラーゲンが生成されなくなる原因の1つに活性酸素が挙げられます。活性酸素が過剰に発生し細胞がダメージを受けて病気や老化現象が進む原因となる遺伝子異常が起きると、『17型コラーゲン』の生成に障害が生じます。

通常、人間の体内で活性酸素が過剰発生した場合、ビタミンCなど体内に蓄積されている抗酸化物質が体外へ除去しようと働き掛けます。しかしビタミンCは17型コラーゲンを生成する際に必要な抗酸化物質になるため、活性酸素への働きかけで過剰なビタミンC不足が生じると17型コラーゲンが生成されにくい環境に繋がります。。

抗酸化作用がある飲み物『水素水』で、抗酸化物質『ビタミンC』をサポート!

ビタミンCは活性酸素除去への働き以外にも、タバコの喫煙や尿に混じって体外へ逃げていくなど不足しやすい抗酸化物質でもあります。薄毛防止で17型コラーゲン生成のためビタミンCを有効活用させるためには、その他の抗酸化物質を摂取する必要があります。しかし、抗酸化作用がある野菜を常に食べ続けるというのはなかなか難しいと思います。そのため飲料として活性酸素を除去する効果がある水素水の飲用をオススメします。

日々、水素水を飲用し体内に発生する活性酸素を適切に除去し17型コラーゲン生成のため野菜などからビタミンCを摂取するといった生活習慣を作ることで、体内に蓄積されている抗酸化物質を上手に有効活用できると考えることができるからです。

666-830x447『薄毛・育毛対策』の強い味方
『血行不良の改善』と『活性酸素を除去』する効果がある水素は、多くの男性が悩む育毛対策にも効果が期待できます。 ※活性酸素は髪の...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飲用直前の水素濃度はどのくらい?
アクリファイ

ピックアップ記事

  1. 携帯用水素水生成器
  2. 『水素で治療、効果いかに』 2016年4月9日 毎日新聞
  3. 購入を考えている商品の水素濃度は本当!?
  4. 水素水を飲みすぎると『下痢』になる
  5. 20160511-21557
PAGE TOP