購入を考えている商品の水素濃度は本当!?

その水素水は大丈夫?水素濃度表記について。

水素の効果が注目されている中で、水素水商品の購入を検討されている方もいらっしゃると思います。
しかし、購入を検討している商品に記載されている水素濃度が本当に正しいのか?気になりますよね。

水素水関連商品は、『溶存水素濃度の表示が高いから!』『価格帯が安いから!』だけの理由で商品を購入すると
必ず後悔したとの話をよく聞きます。納得ができる商品を購入するためにも商品選びのポイントをご覧下さい。

水の中に水素分子が『しっかりと溶存されている』生成方法か?

『作りたてだから白く濁った気泡が見える水素水』『水素分子が白く濁った気泡で見えるほど濃度が濃いので、水素が細胞まで侵入しやすい』と宣伝している商品がありますが、これらの水素水生成方法は、水素ガス注入式もしくは電気分解方式で短時間に水素水を生成する商品(携帯用水素水生成器など)の場合が多いです。
※一部、当てはまらない商品もあります。

このような水素水の特徴は、『水の中に水素分子が溶け込んでなく (溶存していない)、ただ入っている(充満している)だけ』の状態であり、水素水の生成直後やコップに注いだ後の水素溶存時間が短い商品が多いです。そのため飲用しても、体内の各細胞組織まで水素分子が到達するかは定かではありませんし、白く濁った気泡が見えるほどの水素水が健康に効果があるのなら、ほとんどの商品は白く濁った水素水として路線変更して商品を販売していると思います。

『気泡が見える水素水』と『気泡が見えない水素水』は何が違うの?

気泡

工場で生産・出荷されたアルミパウチタイプや循環式の電気分解方式でゆっくりと時間をかけて水素水を生成するサーバータイプから給水される水素水は、水の中に水素分子が安定して溶けている状態のため、白く濁った気泡だらけの水素水でないのが特徴です。※アルミパウチタイプの水素水を飲用したことがある方ならわかると思いますが。

逆に水素ガス(バブリング)を利用して短時間で生成した水素水の場合、気泡だらけの白く濁った水素水となります。
生成方法は、水の中に圧力をかけ水素ガスを押し込みます。この状況下であれば水素濃度の限界飽和濃度1.6ppm以上の水素水を生成でき理論上、2.0ppm~4.0ppmの過飽和濃度が可能です。けれど、この状態を維持するには圧力をかけ続けなければならず圧力をかけ終わった後や常気圧の状態に戻すと、一気に水素分子は拡散、抜け出して飽和濃度以下まで下がります。水素分子が安定して水の中に溶け込んでいる状態であれば白く濁った気泡が見えることはありませんし、安定していないということは、空気中に抜け出すスピードも速いということになります。

溶存水素濃度は『現実的な表示』が記載されているか?

常気圧の環境で水素分子が水の中で溶存可能な限界飽和量は1.6ppmと言われていますが、この限界飽和量以上の水素濃度を溶存しているといった商品をよく見るようになりました。
繰り返しになりますが、水素水を生成する際、水の中に過度の圧力をかけることで、瞬間的にいくらでも濃度の高い(限界飽和量以上の)水素水を生成することは可能ですが、圧力をかけ終わった後や常気圧の状態に戻ると水素分子はすぐに空気中に抜け出します。そのため、水素分子が常気圧の状態で保つことができる限界飽和量は、科学的に立証されている1.6ppmが限界なのです。

これらの理由から、限界飽和量以上の溶存水素濃度を表示している商品は、生成時もしくは充填時の溶存水素濃度を表示しているケースがほとんどで飲用時に保証されている水素濃度ではありません。

飲用時の溶存水素濃度はどのくらい?

飲用時に、『どのくらい水素分子が溶存されている商品なのか?』ということは商品選択の大切な指標です。

溶存水素濃度の数値(製造時の数値を表示しているカラクリ)ばかりに目を奪われず、飲用時の溶存水素濃度がどのくらい保証されているのか?といった視点で水素水関連商品を選ぶことが質の高い商品を選ぶポイントとなります。アルミパウチ商品でもよくメーカー発表の表示で、『溶存濃度は1.6ppm(充填時)もしくは(製造時)』』と記載されていますが、商品到着までに水素は抜けており開封直後は0.8ppm~1.2ppm前後の商品がほとんどです。
※飲用時にこれだけの濃度があれば十分ですが。

販売メーカー側から「お客様先へ商品が到着するまでに水素が抜けないよう出荷前に十二分に水素を充填しています!」と言われれば、「なるほど!」と思ったりするかもしれないですが、飲用時の溶存水素濃度とあまりにもかけ離れた表示している販売メーカーに対しては正直、あまり良い印象を持てないですね。誇大広告になりかねないですし、販売している商品に自信がないの?と感じてしまします。

常気圧(空気に触れている)の状態で長時間、水の中に水素分子が溶存されているか?

長時間、水素分子が溶存されている水素水は良い商品だと言えるでしょう。溶存時間が長いということは、水素分子が水の中にしっかり溶け込んでいる目安にもなります。このような水素水を飲用することで、水素分子が各細胞まで届き効果を発揮するとも考えられています。逆に水素分子が安定して長時間、水の中で保持できるような水素水でないと、いくら飲んでも水素分子が体内で働くことは難しいでしょう。そもそも水素分子は、体内に入れても汗や尿として還元される消費量は約40%しかなく、残りの約60%は呼気などで体外へ出ていってしまうほど拡散性が高いのが特徴です。

そのため水の中で水素分子が安定して溶存されていない水素水を飲んでも効果は期待できるとは思えません。

⇒水素水を飲んでも体内での消費量は約40%!?

常気圧の環境下でも長時間、水素分子が溶存している商品

発売されている水素水関連商品の中には、「コップに注いでも4時間~5時間は、高濃度の状態を維持できる水素水」と宣伝している商品もあります。溶存されている水素分子は1時間~2時間経過後には約70~80%以上が抜ける特徴があるので、本当なのかな?と思ってしまいます。

コップに注いだ水素水。1時間後、2時間後に溶存水素濃度がどのくらい残っているのか?
⇒溶存濃度計で水素水アルミパウチを測定比較!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飲用直前の水素濃度はどのくらい?
アクリファイ

ピックアップ記事

  1. 携帯用水素水生成器
  2. 『水素で治療、効果いかに』 2016年4月9日 毎日新聞
  3. 購入を考えている商品の水素濃度は本当!?
  4. 水素水を飲みすぎると『下痢』になる
  5. 20160511-21557
PAGE TOP