水素水

水素と水素水

水素と水素水

水素とは!?

そもそも水素とは何でしょうか。聞かれてすぐに答えれる人は数少ないと思います。 水素とは、原子番号1の非金属元素で元素およびガス状分子の中では最も軽く、宇宙で最も多く存在します。地球上では水や有機化合物の構成要素として存在しています。 現在は、量も多く地球に害を与えないため、エネルギー原料としても期待されており、究極のエコカーとしてTOYOTAのMIRAIでは水素水を燃料として取り入れています。 ※TOYOTAから近年、発売予定の水素カーMIRAI・・・マフラーから出るのは排気ガスではなく水と水蒸気だけという理想のエコカーの燃料となるのも水素。近年、実用化が決定しています。

水素水の特徴

簡単に一言で表すと『副作用がなく最もすぐれた抗酸化サプリメント』。少し難しく言うと水の中に単独の水素分子が含まれている水。 pH(ペーハー)値が中性であり、溶存水素濃度、酸化還元力が高く、不純物をほとんど含まない安全な水のことです。 特徴として、人体に悪影響(老化や様々な病気の原因になる)を及ぼす『悪玉活性酸素』を抑制する力や、酸化によって損傷した細胞の修復を促進する還元力があるとされています。 性質としては無味・無臭・無色であり、分子の中でも一番小さくて軽い分子。他の物質が通り抜けられないような体内の小さな細胞の奥深くまで浸透することが可能であり肝臓や小腸、心臓、脳などの酸化ストレスを減少させ各組織への障害を軽減することにつながると医学的に臨床応用されている水です。

水素水の重要性

水素は体内環境を整える働きがあり、体内に増加した活性化酸素を抑止する働きがあると最近の研究結果は立証されており、シミ・そばかすに対する美白・美肌効果、腸内環境を整えたり、アンチエイジング効果があるとメディアでも数多く取り上げられています。 ドロドロになった血液もサラサラにする効果があるといわれているため、結果的には3大疾病の心筋梗塞や脳梗塞の予防にもなります。 若い女性の方では、体内環境を整えることからダイエット目的で飲まれる方も急増していると言われております。 その他、年配の方では記憶力の維持や、子供の記憶力アップ目的で飲まれる方も増えていることもあり、最近では、数多くの商品が発売されています。

水素水を飲むとどうなるの?

水素水,活性酸素

水素水を飲用すると約10~20分かけて体内を駆け巡り、体のすみずみまで行きわたります。 水素は血液にも溶け込むため全身を循環し、悪玉活性酸素のみに結び付き水となり体外へ排出します。 水素は悪玉活性酸素が最も多い部位に特に作用します もし体内に活性酸素がなかった場合、必要のない水素は呼気で出て体には溜まりません。 また無害なので副作用もありません

世界が注目している水素のチカラ

水素水とサビない身体

2007年に世界的権威を誇る医学雑誌『ネイチャーメディシン』に日本医科大学の太田成男教授の研究論文が発表され、人体に対する有効性が実証されました。太田教授の論文発表以降、世界各国でも臨床試験が行われており学術論文を通して様々な健康効果が報告されています。国内でも東京大学、京都大学、慶応大学、順天堂大学が本格的に水素の研究を進め医療現場でも水素を利用した治療法が採用され始めています。

『水素の効果』は特許として認められている

日本医科大学の太田成男教授の名前で、『水素の効果』は特許として認められています。

【特願2007-531053】

生体内の有害な活性酸素及び/又はフリーラジカル除去剤
本発明は、生体内の活性酸素及び/又はフリーラジカル濃度を効果的に低下させ、この活性酸素及び/又はフリーラジカル濃度の低下によって老化の進行抑制、老年病あるいは生活習慣病の予防、健康増進、酸化ストレス抑制等、所定の効果を奏することが生体内の有害な活性酸素及び/又はフリーラジカル除去剤を提供することを目的とする。本発明の生体内の有害な活性酸素及び/又はフリーラジカル除去剤は、少なくとも水素分子を含む液体又は気体からなる。この媒体中には酸素分子を含んでいてもよい。さらにこの媒体は、水又は水溶液からなるものであっても、あるいは気体であってもよい。該活性酸素及び/又はフリーラジカル除去剤は、活性酸素及び/又はフリーラジカルに起因する障害の治療又は予防に用いることができる。
引用:Google 特許検索

効果的な水素水の飲み方

水素水の飲み方

日本医科大学の太田成男教授がオススメする 水素水の効果的な飲み方を紹介するので是非、参考にして下さい。

1日300~500mℓを摂取する

飲料水をすべて水素水にする必要はなく、1日300ℓで悪玉コレステロールが低下、500mℓで認知症が抑制されたという実験結果もあります。

週に1度はドカンと飲む

体質改善など遺伝子のスイッチを切り替えるには、ちびちび飲むよりドカ飲みで体の水素量を一気に増やすことをお勧めします。 太田教授いわく『ちょこちょこ少しづつ飲むのではなく、少なくても300mℓ以上の量を一気に飲むと遺伝子のスイッチが切り替わり、脂肪を燃やす酵素が体内に放出され同時にエネルギー代謝を活発にするホルモンも分泌される』とのことです。

上手なお水の飲み方はコチラ

どのくらいの期間飲み続けると効果を感じれるのか?

効果を実感するまでには約2ヵ月間

はっきり言って個人差があります。これはどんなに高価な薬や健康食品も同じです。 一番、効果を実感し始める期間は約2ヵ月付近です。2ヵ月間飲み続け体質が変わったとの報告が多いようです。 飲む量の目安量は1日500mℓ~1ℓ。まず実感する体調の変化として『便秘の解消』『疲労感を感じなくなった』が男女ともに多いようです。 またアレルギーが強く出ている症状(アトピー性皮膚炎や花粉症など)の場合は、もっと早い期間で変化を実感できる方もいまがこれは水素に抗アレルギー作用があるからです。

水素水を料理に使うと効果はあるの?

お米を炊いたり、煮込み料理などに使うと水素がほとんど抜けてしまい効果がなくなります。そのため食事の際に料理と一緒に飲料したほうがいいでしょう。沸騰させても水素は抜けないという意見をお持ちの方もいらっしゃいますが、ほとんど抜けてしまいます。(恐らく若干、残っているいるため抜けないといっていると思われますが・・・。温めた場合、約80℃までなら水素はほとんど抜けないとの意見もあります。)

天然の場所で水素水は存在するの?

海底の硫化水素を含む熱泉やメタンガスメタンガスのぼこぼこしている沼の水などに、水素含量の多い水が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飲用直前の水素濃度はどのくらい?
アクリファイ

ピックアップ記事

  1. 携帯用水素水生成器
  2. 『水素で治療、効果いかに』 2016年4月9日 毎日新聞
  3. 購入を考えている商品の水素濃度は本当!?
  4. 水素水を飲みすぎると『下痢』になる
  5. 20160511-21557
PAGE TOP